アーセナルでプレーするベジェリン [写真]=Getty Images

 古巣バルセロナやマンチェスター・Cからの関心が報じられているアーセナルのスペイン代表DFエクトル・ベジェリンが、クラブへの残留を強調した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が28日に伝えている。

 ベジェリンは「人々はこの話題が好きなようだけど、僕はクラブとの長期契約にサインした。どこかに行きたいと願ったこともないし、ロンドンでとても幸せだよ。アーセナルのおかげで今の僕があるんだ。他のどこでもなくね」と2023年まで契約を結んでいるアーセナルへの忠誠を誓った。

 現在23歳のベジェリンはバルセロナの下部組織出身で、2011年にアーセナルへ加入した。2014年10月のプレミアリーグデビュー後、リーグ戦通算124試合に出場し、6得点を記録している。