投資しても損ばかりする、お金があってもなぜかむなしい、お金のために大きな犠牲をしてきた。そんな人たちがうまくいかないのは、お金だけを目的にしているからです。お金を生かすには、高い目的を持つことが必要です

◆お金そのものに意味はない
お金とは、富の便宜的なカタチです。一つの象徴、一つのツール、いわば仮の姿なのです。ですから、お金そのものを目的としてしまうと、どこかで行き詰まります。お金を持てば幸せになれると考えるのも、一つの幻想です。

投資に失敗した、お金は儲けたがかけがえのない大きな犠牲を払った、お金持ちになったのになぜかむなしい。そんな結末をたどる人たちは、みなお金だけを目的としています。

お金をたくさん持つことが目的で、その先を考えていないのです。お金が全てを解決してくれると思っているのかもしれません。しかし、お金のためだけに投資をしていると、投資の苦労はせちがらいものになります。心が窮屈になり、苦しくて仕方ありません。では、どうしたらよいのでしょう?

◆お金を使う道理が何か?
お金に恵まれる条件は、お金により高次の目的を与えてあげることです。お金を増やすための目的に、単なるエゴや物欲ではない、正当な動機が必要なのです。

たとえば、
・自分が成長するために、お金がもっと必要
・人生の質を高めるために、お金がもっと必要
・自分以外の誰かを幸せにするために、お金がもっと必要
・世の中を良くするために、お金がもっと必要

お金とは、良い働き場所を与えられてこそ、生き生きと活躍するもの。お金とは、高い目的を与えられてこそ、その威力を発揮するもの。だから、自分の人生の中で、お金よりももっと大切な何かを見つけることが、本当に豊かになるための入り口なのです。私の周りにいる、そんな成幸者をご紹介します。

◆高い目的のためにお金は集まる
■将来、留学をしたいAさん
Aさんは会社員です。しかし、納得できる仕事ができているわけではありません。自分の力を発揮して、本当にチャレンジングな人生を生きるためには、ステップアップが必要です。

まずは留学を目指しています。留学して、自分の得意技に磨きをかけて、雇われないで生きる生活を始めることが、今の目標です。そのために、毎月のサラリーの中から余剰資金をひねり出して、投資をしています。大きな目標があるから、一時的に損をすることがあっても、脅えることはありません。

■Bさんは恩人に恩返しをしたい

Bさんは自営業者です。金銭的に厳しい時代があって、その時にある先輩にたいへんお世話になりました。恩人からの出資や貸付金があったおかげで、今の自分があります。

受けた支援の何倍にもして、恩人にお返しをしなければならない。Bさんはそう考えて、投資をしています。もちろん、自分の老後のためでもありますが、それ以上に感謝を具現化するためにお金が必要なのです。他人の好意や愛情にどう応えていくかが人生の意味だと考えているので、贅沢をしないでお金を投資に回すことが、ぜんぜん苦痛ではありません。

■Cさんは理想の学校を作りたい
Cさんは、小さい頃から親の愛情に恵まれず、家族関係でたいへんな苦労をした上に、十分な教育を受けることができませんでした。そこで、Cさんは恵まれない子供達のために理想の学校を作ることが夢となりました。まずは10億円の資金を作ることを目標として投資をしています。

その夢が近づいていくことが最大の喜びであり、生きがいとなっています。だから、どんな不景気も金融危機も、自分にとってのチャンスだと捉えて進むことができます。

もし、あなたが、お金のことで思うようにいっていないのなら、そもそもの動機が誤っているのかもしれません。

文=北川 邦弘(マネーガイド)