映画「BLEACH」公開直前イベントに登場した福士蒼汰さん

 俳優の福士蒼汰さんが16日、東京都内で行われた主演映画「BLEACH」(20日公開、佐藤信介監督)の公開直前イベントに登場した。この日は浴衣姿の女子高生約70人が集まった試写会イベントで、福士さんが登場するやいなや大きな歓声が起こり、福士さんは「今日は皆さん浴衣姿で、特別な感じがします。ドキドキしています」と笑顔で歓声に応えていた。

 イベントで女子高生から「今後やってみたい役は?」と聞かれた福士さんは「たくさんあります。アクション映画はこれからもやっていきたい」と意欲。今作でもアクションシーンに挑戦しており、「アクションを大変と思ったことはない。(アクションと聞くと)『やった、ラッキー』と思う」と語った。

 さらに、「高校生の自分に今声をかけるとしたら何と言う?」という質問も挙がり、福士さんは「『そのままでいいぞ』と言ってあげたい。人生はやり直したいと思うことがあるかもしれないけど、俺は思わないようにしていて、その時、道を選んだ自分を信じてあげる。(俳優という道を選んだ)選択を成功という選択にしたいから、今頑張る」と熱い思いを明かした。

 映画は、マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された久保帯人さんのマンガが原作。幽霊が見えること以外は普通の高校生、黒崎一護(いちご、福士さん)が、死神と名乗る謎の女・朽木ルキア(杉咲花さん)から、死神の力の一部を渡され、高校生兼死神代行となって人の魂を喰(く)らう巨大な悪霊「虚(ホロウ)」と戦うことになる……というストーリー。