マンガ誌「コロコロコミック」と番組「おはスタ」が募集する「おはコロチューバー第1期生オーディション」のビジュアル=小学館提供

 小学館の男児向けマンガ誌「コロコロコミック」とテレビ東京の朝の子供向けバラエティー番組「おはスタ」がタッグを組み、YouTuberを募集する第1期生オーディションを開催することが14日、明らかになった。「コロコロ」と「おはスタ」で活躍するYouTuberを「おはコロチューバー」と名付けて募集する。

 オーディションでは、「コロコロコミック・おはスタのことなら一日中熱く語れる人!」「マンガ・ホビー・ゲームを愛し、好奇心旺盛な人!」「子供を笑わせる・元気にさせる自信がある人!」を募集。大賞には50万円、入選には30万円、佳作には10万円、特別賞には5万円、努力賞には1万円と、合格者には総額100万円の賞金が贈られる。合格者は「おはスタ」への出演権を得ることができ、コロコロチャンネル専属のYouTuberとして活動することができる。

 審査員として、「おはスタ」のメインMCを務める声優の花江夏樹さん、「妖怪ウォッチ」などで知られるレベルファイブの日野晃博社長が参加。ほかにも、マンガ家の曽山一寿さん、「劇場版ポケットモンスター」シリーズなどの映画プロデューサー・久保雅一さん、コロコロコミックの和田誠編集長らが審査員を務める。

 詳しいエントリー方法は、特設サイトで公開中。