菅田将暉インタビュー「自分にとって音楽は<やり残したもの>という感覚がある」

菅田将暉が仲間とともに音楽を通じて探り続ける、「手応え」の正体とは?

2017年の一年間だけでも主演映画4本、テレビCMでも人気のキャラクターを演じ、大河ドラマにも登場、それと同時に舞台もこなす。……と、文字通りにその姿を見ない日はなかった俳優、菅田将暉。特に寺山修司原作の映画『あゝ、荒野』では日本アカデミー賞を筆頭に日本映画界の主たる映画賞の主演男優賞を多数受賞し、演技力への評価も確実なものにしつつある。そんな彼が、2017年、俳優業と並行して音楽での活動も始めていた。映画『キセキ-あの日のソビト-』で音楽グループGReeeeNのメンバーを演じたことをきっかけに劇中のグループメンバーとして”歌手デビュー”した彼だが、その後、自身の名義でも楽曲をリリースし、ライブツアーも開催した。今回は、彼がこの一年の間に音楽での表現を通じて得た感覚と、8月1日リリースの新曲「ロングホープ・フィリア」について話を聞いた。

ー昨年に出された個人名義のファースト・シングル「見たこともない景色」から一年ですね。菅田さんが音楽を始める際には「どういう”歌手”になるんだろう」と想像した人も多かったように思いますが、2月に行われたライブを拝見すると、菅田さんは”歌手になった”というより”仲間とバンドを組んだ”ということだったのかもしれない、と感じました。

菅田:ツアーは、特にそんな感じでしたね。元をたどれば、映画『何者』劇中のバンドメンバーとして出会った「カラスは真っ白」の元メンバー達と、ただただ純粋に仲良くなり、遊びで練習スタジオに入ったりしていて。それ自体が自分にとってはとても新鮮な時間だったし、プライベートで音楽のものづくりをするのも、初めての体験でした。そうやって遊んでいくうちに、何か形になりそうな雰囲気はあって「いつか何かやれたら面白いねえ」なんて話していたものを、初めての東名阪ツアーとして、僕自身が本当に楽しいと思える形で実現させてもらえたんですね。その点は、ワガママにやらせてもらいました。

ー気の合う、楽しいと思える仲間とともにライブのステージに立ち、菅田さんはどのような想いを抱きましたか?

菅田:みんな忙しいなかで、本当に楽しい時間をつくるのって大変。でも、だからこそ大切にしたいなとも思いました。自分でも誰かのライブはよく観に行くほうですけど、自身であの場に立ってみると「僕はどこかでこれにずっと憧れてきたんだなあ」とも思いましたね。といっても、単純にお客さんがいてワーッと盛り上がっている場に立つということ自体に興味があったわけではなくて……なんだろう、自分らが作ったもので、人々が一つになっている、という景色を見ることですよね。しかも二度と同じことができない。そういうことに憧れを持っていたんだなって。

ー俳優業やテレビ番組に出演することとの違いは明確にありましたか?

菅田:やっぱりどうしたって、俳優の演技とそれを観る方々には距離があって……まあ、それでいいとは思うんです。でも正直なところ、今の時代それだけだといろんな誤解が生まれやすいし面倒なこともたくさん起こる、という自分の葛藤もありました。だったら、たまにでもいいから、自分の姿と言葉と汗みたいなものをその場で見てもらえる機会を作ったほうが、一番こっちが何かを伝えたいときにもきっと伝わるんじゃないかなあ、と。仕事でも何でもそうだけど、やっぱり、間に何かを介すとダメです。可能な限り、直接会って喋らないと。特に今はデジタルなものが普及しまくっているからこそ、そういう人肌のものが少しでも残っていないと、僕らがいる意味がないような気もしていて……。

ーいま「僕ら」とおっしゃったのは、俳優としての菅田さん、ということも含めてですか?

菅田:そうですね。たとえば、まだ映画そのものは無くならなそうではあるけど、製作費だって減っていったり、テレビを観ない人も増えていたり、雑誌もどんどん無くなっていって。だからこそ、自分たちの手で作ったものを少しでも増やして、そのまま届けたかったのかもしれないです。いま思い返せば、ですけどね。


ー様々なタイミングが合い、今回それが音楽として形になった、ということでもあるかもしれませんね。たとえば洋服作りも菅田さんはされますが、そういったことでも今後、何か伝えようとは思いますか?

菅田:確かに、服作りについては「ブランド作らないんですか?」とか言われること、あります。でも「いやいや! 簡単に言わないで!」とも思ってしまう(笑)。ブランドをつくったらきちんと売ってかなきゃいけないし、僕が立ち会えない場が多くなったら、今度は人を雇わなきゃいけなくもなる。そもそも僕、自分が着ている服、他の人に着てほしくないですもん(笑)!

ーそういうことですか。実はそれが一番の理由かもしれないですね?

菅田:うん、そう。そもそも嫌なんです(笑)。あと服作りでいえば、実は自分が着るものは一切作っていなくて、たまに誰かにあげるためには作りますけど、一番は”作る工程”が好きなだけ。そう、一枚の布が服になっていく過程が面白いなと思っているだけなんですよ。

ー造形物を作っている瞬間自体に面白さを感じる、という意味?

菅田:そう。だって「怖くないですか?」って話なんですよ。ちょっと変な発言かもしれないですけど……みんな自分が着ている服の作り方って、あんまり分からないじゃないですか? それなのに、当たり前のように毎日、服を着ている。SNSとかだってそう。そもそも一体どういう仕組みで繋がっているのか、ちゃんとわかっている人、それ毎日使っている人のなかでどれだけいます?って。もちろん便利になるのはうれしいことなんだろうけど、なんか僕は、ちょっと怖いなって思っちゃうんです。もちろん人間は道具を発明して使う生き物なのだけど、そもそも使う意図とか意味みたいなものをちゃんと理解しないで、なんでもかんでも「便利だから」という理由だけで、全部がいつのまにか”慣れ”で進む。一方で、知らないうちにいろんなものが消えてもいくし、これって危ないなあとなんとなくずっと思い続けています。それは極端な話、たぶん震災の経験や記憶とかだって、そうなんだと思いますし。

ー便利さを慣れだけで享受することや、とても大きな衝撃だったはずのことですら知らないうちに忘れていくような流れに危機感がある、ということですね。

菅田:そう。やっぱり怖いですよ? 誰もがあまり動かなくてもバーチャルで会話ができカプセルでごはん食べられる、みたいな生活。それはそれで人間は今より長く生きられるかもしれないですけど……。でも、今は流されていると本当にそういう方向にどんどん向かっていく感じがするし。何か事件が起きてから騒いだって「それは、自分らが分かろうとしてなかったんだから!!」って言いたくもなるじゃないですか!……僕はいろいろ興味が湧いちゃうんです。”知りたい”という欲が強いのかもしれない。

ーなるほど。そういう手ごたえを取り戻すために、自分でいろんなものづくりをしてみる、という切実感がよく分かります。ちなみに中学・高校の頃は、音楽をほとんど聴かれていなかったと、別のところでお話しされていたのを読みました。これまで距離のあった音楽と近づこうと思えた理由やきっかけなどもお聞きしたく。

菅田:元をたどればほとんど音楽を追わなくなったのは自分の声変わりが原因です。それまで、自分なりに気持ち良く歌えていた女性歌手の方の歌とかもことごとく歌えなくなり「自分が歌えないなら聴かない!」っていう……なんでそんな傲慢な気持ちになったかは知らないですけど(笑)。カラオケが好きだったんですよね。家族で歌う機会も多かったですし。そんななか、ある日突然に自分の声が低くなるっていう経験は、思春期の少年にとってみれば結構なショックでした。今まで気持ち良く遊んでいたもので急に遊べなくなるって、子どもにとっては大事件ですから!


ーもともと菅田さんは少年時代から、歌うことが大好きだったんですね。

菅田:そうそう、すごく好きだった。レンタル屋さんでCDを借りてきて”MY BEST!”みたいなMDをつくって……という生活が、変声期に上手く歌えなくなったことで一気に楽しくなくなり、そこから聴かなくなり。しかも高校の途中でひとり上京して芸能界の仕事を始めたんで、部活を3年間やることもなく、好きな女の子と電車通学をすることもなく……いつのまにか僕は、ヒーローになっていて(仮面ライダーシリーズの史上最年少ライダーとして2009年にデビュー)。まあ、恐らく音楽と離れていたのにはいろいろな要素が絡まっていて、あまり意識はしていないけれど、自分にとっての音楽は、どこかで”やり残したもの””止まっていたもの”みたいな部分もあるのかもしれない。

ーそのように音楽と距離のあった菅田さんが、音楽で何かを伝えてみたいと思うきっかけになったミュージシャンのライブなど、あれば教えていただきたいです。

菅田:直接自分で観たライブではないですが、まだ志村さん(故・志村正彦)が生きていたときのフジファブリックが、志村さんの地元・山梨県富士吉田市のホールに凱旋して、彼らの代表曲のひとつ「茜色の夕日」を演奏するシーンでしょうか(フジファブリックLIVE DVD『Live at 富士五湖文化センター』に収録)。なんか、あのときに彼が話している内容がすごく好きです。

ーご自身でもまさに「茜色の夕日」をアルバムの中でカバーされましたね。

菅田:僕が最初にあの曲を聴いたのは『共喰い』という青山真治監督による映画の撮影中に共演者からすすめてもらったのがきっかけだったんですが、なんだかとても救われた想いがしたし、本当に自分にしっくりきて「こんな曲を書くなんて、志村正彦さんという人はすげえなあ」って、ただただ、圧倒されました。でも曲を知ってからしばらくして、先ほど話したライブ映像に触れたことで「あ、この曲の裏には、こんなにいろんなことがあるのか」という彼の想いの部分や細かいストーリーがさらに伝わってきて、ある意味そこにとても生身のリアリティがあったからこそ、さらに共感して。

ーシンプルな口ずさみやすいポップスの楽曲というよりも、フォークやロックに込められている切実な想いのような部分が分かり、さらに特別なものに感じられたんですね。

菅田:ですね。志村さんが山梨から上京し、ミュージシャンとして、プロとして音楽をやっていかなきゃと葛藤するなかでできた「茜色の夕日」では、初めて彼が住んだ高円寺の街の風景をジャケット写真にしているけれど、いつか地元に帰ってライブをしてこの曲を歌いたい、とずっと思ってきた、と。しかもそのときには身内だけでなく、自分たちの音楽を聴いてくれたファンの人たちが集った状態の地元でライブができればと夢見てきて、それが今日叶いました、というMCなんですけど……。本当に、なんて美しい物語なんだろうなあって。あれはなんか、今でも何度も観ちゃますね。


ーそうやって自分の中のものを昇華させていくための音楽表現がアルバム『PLAY』や初めてのツアーだったとすると、今回の「ロングホープ・フィリア」は、漫画もアニメも大人気である作品の劇場版主題歌ですね。誰かのため、誰かを勇気づけるための歌というのは、菅田さんにとってまた別の意味を持つ、音楽での新しい挑戦ですね。

菅田:確かに、おっしゃる通りです。音楽を楽しい、と再び思い始めた当初は、衝動的なものがすごく大きかったと思いますし、もちろん未だにそういうものもあるんですけど……。今の自分はありがたいことに、いろいろなものを作っていけたりするし、それを発表できる場所があったりもする。ならば、表現者としていろいろやらない手はないと思います。今回は『僕のヒーローアカデミア』(週刊少年ジャンプで連載中)の映画版主題歌というお話をいただけて、僕は生粋のジャンプっ子だし、しかもamazarashiさんに曲を書いていただけて、本当にうれしいです。

ーそもそも菅田さん自身がヒーロー出身ですし、本当にこの曲を歌うにはぴったりの存在なのかな、とも感じました。

菅田:あ、でもそこはちょっとややこしさもあってですね……! というのも「これはオールマイト(作中で、主人公たちが目指すことになる平和の象徴・絶対的ヒーロー)目線の楽曲です」とamazarashiの秋田ひろむさんがコメントを下さっていて、でもそれと同時に「菅田くんはどこかこの話の主人公・出久(でく)と重なる部分もあるからぴったりだと思う」とも言ってくれていた。でもね「だったら出久目線の曲じゃないと、これを自分が歌うことで、いろいろと矛盾してしまわないか!?」と僕は思っていて。で、そんななか、今さっきふと「ああ、たぶん”オールマイト”というのは僕の中でいう俳優業の部分で、出久は音楽業での自分なんじゃないか」という気がしてきたんですよ。もちろん俳優業もまだまだこれからいっぱいがんばらなきゃいけないし、未熟なところはたくさんあるものの。いま話したこの両面があると、”過去に仮面ライダーとしてヒーローを務めた奴が、ヒーローを目指す主人公として歌う”というややこしさもちょっとだけ解消できる(笑)!

ーなるほど、かなり考えていらっしゃる。そこは複雑なんですね。

菅田:ここはもう、かなり考えたし、悩みましたよ。もとは無個性で、でも誰よりもヒーローというものに強く憧れを持つ、正義感ある男の子が主役だからこそ成立するお話なので。やっぱり、僕がそこに寄り添えないとこの曲は歌えないし、かつてヒーローとして一年間街を守った奴が歌うことで、説得力がなくなっちゃう部分もあるんじゃないかって。最近では”さとり世代”とか言われてマンガでも達観した主人公などが多いなか、このヒロアカは久々に”勝利・友情・努力”を軸にした王道少年マンガ作品で、最高なんですよ。そういうマンガが僕は好きだし、誰もが応援できる王道なものって、最強ですから。



ーちなみにカップリング曲「ソフトビニールフィギア」では、菅田さんが作詞を担当、作曲では菅田さんと並び”KNEEKIDS”というクレジットも付いていますね。

菅田:”KNEEKIDS”は、初めてのツアーを一緒に回ったメンバー達でのバンド名です。一緒にライブをやったメンバーで、今度はぜひともイチから曲を作ってみようと盛り上がっていたところ「どうやらシングルにはカップリングというものがあるじゃないか……!」と。ならば、誰かに依頼するだけじゃなく自分と仲間で作ってみようか、と一念発起しまして。あとひとつ、前回ライブをやって感じたことの反省点として”実は菅田の曲、暗いものが多い”っていうのがありまして(笑)。なので、こう手を振りながらお客さんとライブで盛り上がれるような曲を作りたいよね、と、まずはテンポ感から作り始めてみた曲です。

ーちなみにこの「ソフトビニールフィギア」っていうのは「ロングホープ・フィリア」ともじっているのですか……?

菅田:あ、気づいちゃいました? はははは。あの、そうです。ゴロ遊びですよねえ(笑)

ーいや、バンドだと「曲のタイトルどうする?」となったときにそういうノリ感で決まっていきがちだったりするな、と(笑)。そういう楽しそうな様子も伝わってきて、素敵ですね。ちなみに、菅田さんは最近どんな音楽を聴いていますか?

菅田:洋楽も、前よりは聴くようになりましたねえ。元々は「言葉わかんない」っていうのもあり、英語の曲とかあまり入ってこなかったんですけど、自分で曲を作ったりギターを弾いてみたりするようになって、純粋に聴いていて「うわあ、これかっこいい!」となるサウンドが増えました。『関ジャム 完全燃SHOW』のギターリフ特集とか観ながら自分でもやってみたりして「なるほど、このかっこよさには理由や、発想の転換、工夫がちゃんとあるんだよなあ」って思ったり。最近はドラマで共演している山田孝之さんが音楽にすごく詳しいので、お気に入りを一緒に聴かせてもらって「うわあああ~!!」と感動したり。

ーちなみに、それは誰の曲だったのでしょうか?

菅田:いや、これだけ言っておいて、すみません、肝心の名前が出て来ない(苦笑)。ダメですね。洋楽だろうとなんだろうとかっこいいなって思うものはたくさんあるのに名前を忘れるという……。逆に何かオススメありませんか?

ーRolling Stone Japan的には、たとえばアークティック・モンキーズの新譜『Tranquility Base Hotel&Casino』とかでしょうか。ギターリフのカッコよさで人気が出たバンドだったのに、最新アルバムではそれらを封印して多彩なアプローチで勝負している。賛否両論なんですけど、そういうチャレンジングなところ含めロックバンドしているなぁと。

菅田:なるほど、アークティック・モンキーズの新譜ですね。探して聴いてみます! いいですね、なんかこう、一気に編集部の熱量を感じましたけど(笑)。いいなあ、そういう企画やりたいなあ。いろんな音楽好きの人から曲やバンドを紹介してもらう、っていう。

ーまた今後そういう機会を設けられましたら、よろしくお願いします。

菅田:ぜひ。そういうの、待っておりますので。



初回生産限定盤 (CD+DVD)
EPIC
ESCL-5090~5091


通常盤 (CD)
EPIC
ESCL-5092


期間生産限定盤 (CD+書き下ろしアニメジャケット)
EPIC
ESCL-5093