賞味期限はたった15分!?GINZA SIX「末広庵」でいただく、ぷるんと食感のできたて和スイーツ

創業67年、川崎大師のお膝元で営んできた老舗和菓子店「菓子匠 末広庵」が、2017年4月に銀座エリア最大級の商業施設「GINZA SIX」の地下2階にお店をオープンしました。

菓子作りの材料には、北海道産大豆の「石臼挽ききな粉」や徳島県岡田製糖所の「阿波和三盆糖」など、全国各地で一番質の良いものを使用するのがこだわりだそうで、店頭には「GINZA SIX店」限定商品も数多く並んでいます。

賞味期限はなんと購入後15分という、メインの羽二重餅からあしらいの金箔まですべての材料を一新し、生まれ変わった生大師祈願餅。

注文後に店内の工房で作ってもらうことができ、「リニューアルした生大師祈願餅はできたてが一番おいしいので3分以内に食べるのがベストです。時間が経つとクリームがしぼんで、見た目も食感も変わってしまうので…」と店長の岡田さん。きめ細かくコシがある滋賀の羽二重餅粉に上品な甘さの阿波和三盆糖を練り込んだ羽二重餅が主役! 甘すぎずミルキーな生クリームにミネラルを豊富に含む沖縄の黒蜜ソースと石臼で挽く香り高い北海道産大豆のきな粉をまぶした贅沢な和スイーツです。

まずはお餅そのものの味を楽しんで、そのあとたっぷりのクリームと絡めて食べるのがおすすめ!

「生大師祈願餅」に並ぶ人気を誇る川崎銘菓の「来福焼」。モチモチとした食感のしっとり生地で北海道産小豆を包んだ後味さっぱりの焼き菓子です。末広庵の焼き菓子は、それぞれお菓子ごとに生地に使う粉をブレンドしているので、食べ比べしても良さそうです♪

末広庵の店舗で唯一実演販売を行なっているGINZA SIX店。目の前で生大師祈願餅はつくっているところが見られ、できたてがいただけますよ! 2018年7月31日までの期間限定なので、ちょっぴり贅沢なスイーツを味わいたい方はお早めに!