クイーン伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』、監督が語る完成に至る苦悩と情熱

映画『ボヘミアン・ラプソディ』主演のラミ・マレックとプロデューサーが、クイーンの伝説を映画化するまでの苦悩のエピソードをローリングストーン誌に語った。本作制作陣はいかにしてフレディ・マーキュリー役を見つけたのか。そして、クイーンの軌跡を映画化するまでに、どれほど長く険しい道のりを耐え忍んできたのか。

今年5月、クイーンの軌跡を描いた新作映画『ボヘミアン・ラプソディ』(2018年11月より日本全国ロードショー)の予告編がインターネット上で公開された。『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』のレミ・マレックが見事フレディ・マーキュリーへと姿を変える姿が、ついに全世界に明らかにされたのだ。だが、映画の完成までにはかくも長く、苦渋に満ちた道のりがあったことは知られていない。ちまたでも話題になったキャスティングの難航、伝説的ロック・バンドの壮大な物語を2時間に凝縮させるという不可能に近い作業、さらに製作終盤でのブライアン・シンガー監督の降板。「やきもきしっぱなしだった」と語るのは、プロデューサーのグラハム・キング。「紆余曲折はあっても、何がなんでも映画を完成させなくては、と心に決めた」。

事の始まりは10年前にさかのぼる。ギタリストのブライアン・メイが、サシャ・バロン・コーエン主演でクイーンの映画の製作を仄めかしたのがきっかけだった。だが、バンドとコーエン側の話し合いは早い段階で物別れに終わった。2016年、『ボラット』の主演スターはハワード・スターンの番組に出演した際、真相を暴露した。彼の主張によれば、バンドメンバーの1人がフレディは映画の前半で死ぬべきだ、言ったそうだ。「それで僕が、『じゃあ映画の後半はどうなるんだい?』って尋ねたら、返事はこうだった。『いいかい、主役がエイズで死ぬ映画なんて、誰も見たくないだろ? 彼の死後もバンドは継続していく様子を描くのさ』(メイは当時、コーエンのこの主張をきっぱりと否定した)」

「サシャがこのプロジェクトに正式に絡んだことは一度もない」とキングも言う。「フレディを白人の俳優に演じさせるなんて、考えたこともなかったし、映画の途中でフレディ・マーキュリーが死ぬなんて脚本も、存在したことはない。一度もだ。このことに関してはずっと口を閉ざしてきたけど、これからは本当のことを暴露するよ」

ベン・ウィンチェルの起用がささやかれた時期もあった。だがある日、共同プロデューサーのデニス・オサリバンが電話をかけてきた時に全てが変わった。彼はたったひとこと、「フレディを見つけた」と言い、フレディを熱演するマレックの映像を送ってきた。「私も、彼だ、と思った」とキング。「これで決まり。彼で行こう。プロデューサー側では、彼以外にフレディ・マーキュリーはあり得ないという意見が揺るいだことは一度もなかったよ」

彼らプロデューサーの熱意は、マレックを完全に驚かせた。「誰かが自分をからかってるんだと思った。でもグラハムと話をしてみて、ひょっとしたら現実かもしれないという感じがしてきた。圧倒されたよ。めちゃくちゃ興奮したし… その後で、事の重要さをひしひしと感じた。心臓が鼓動を打つたびに、何かが飛び出して行ってしまうような感じだった」


役作りとして、マレックはクイーンに関する本やドキュメンタリー、インタビュー映像を可能な限り集め、すべて目を通した。ブライアン・メイやロジャー・タイラーとも対面し、彼らのバンドメイトに関する事細かな情報を仕入れた。「2人とも、フレディは仲裁役だったと言っていた」とマレックは振り返る。「バンドの間には独特の絆があって、それは彼らの音楽の中に時代を超えて生き続けている。彼らと直接会ってこのことを聞けたのは本当に素晴らしかったし、おかげで2人がどれほどフレディを大事に思っているのかがよく分かったよ」

さらに役になりきるために、フレディ独特のダンスの動きや独特のアクセントを取得するべく、それぞれ動作と会話のコーチをつけて特訓しなくてはならなかった。また、フレディのトレードマークでもある過蓋咬合、前4本の出っ歯を再現するために、義歯をつけて演技した。「フレディは歯についてコンプレックスを持っていたんだ」とマレックは言う。「インタビューを見れば、彼がときおり、唇や手で歯を隠そうとしているのが分かるよ」

唯一マレックが再現できなかったのが、フレディの歌声だった。映画に登場するパフォーマンス・シーンの大半は、クイーンのマスターテープか、カナダ出身のクリスチャンロック歌手マーク・マーテルの再録によるものだ。マーク・マーテルの声は、亡きクイーンのボーカルに瓜二つ。「文字通り、目を閉じて聞けばフレディだと思うだろうね。信じられないだろうけど」とキングも認めている。

マレックが正式に起用される以前から、制作陣はより根本的な問題、つまり脚本について四苦八苦していた。下積み時代の話はどのぐらい必要か? 彼のプライベートやセクシャリティについては? 晩年エイズが彼の身体を蝕む様子を観客に見せるべきか?「物語の正しいバランスを見つけるのに必死だった」とキング氏。「映画をひとつにまとめるのは本当に大変な作業だったよ」

最終的に制作陣は、ライブ・エイドでの歴史的なパフォーマンスに焦点を当てることにした。映画のクライマックスでは、このパフォーマンスが非常に細かいところまで、見事に再現されている。「ボヘミアン・ラプソディ」の骨の折れるレコーディング過程などバンドの主要な出来事も描かれいているが、映画は1985年で幕を閉じる。「死に至るまでの過程を追う必要はないと判断したんだ」とキング氏。「暗い側面は見せたくなかった。僕らがやりたかったのは、クイーンの懐に入り込んで、彼らの創作活動、どのように素晴らしい楽曲の数々を作っていったのかを見せたかったんだ」

映画の完成直前になって、監督のブライアン・シンガーが降板。もっとも有力な噂によれば、キャストやスタッフと意見の衝突があったためとみられる。最終的にはデクスター・フレッチャーが完成したが、監督としてはシンガーのみがクレジットされている。「映画の製作中、ずっとフレディが難問を投げつけてきているような気がしたよ」とキング。「もちろん、(シンガーが降板したときは)痛手だった。でも、起きてしまったことは仕方がない。完成をあきらめることだけはしたくなかった」

実際に映画が完成したとき、マレックは撮影当初よりもマーキュリーの才能により敬意を抱くようになったと語る。「たった1人の男が、『ウィー・アー・ザ・チャンピオン』をアリーナで、何千もの観客の前で歌う。そして何千もの観客が、彼に向かって歌い返すんだ。あらゆる人々をひとつにまとめる力が彼にはあって、時代のはるか先を行っていた。こんなことができる人間は他には思いつかないよ」



『ボヘミアン・ラプソディ』
2018年11月より全国ロードショー
原題:Bohemian Rhapsody
監督:ブライアン・シンガー 製作:グレアム・キング、ジム・ビーチ 
音楽総指揮:ブライアン・メイ(クイーン/ギター)、ロジャー・テイラー(クイーン/ドラマー)
出演:ラミ・マレック、ジョセフ・マッゼロ、ベン・ハーディ、グウィリム・リー、ルーシー・ボイントン、マイク・マイヤーズ、アレン・リーチ
配給:20世紀フォックス映画
© 2018 Twentieth Century Fox