映画「あのコの、トリコ。」のビジュアル(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会

 俳優の吉沢亮さん主演で、白石ユキさんの人気マンガを実写化した映画「あのコの、トリコ。」(宮脇亮監督、10月5日公開)の予告編が11日、公開された。吉沢さん演じるさえない主人公のメガネ男子・頼が、新木優子さんが演じるヒロイン・雫のために、メガネを外してかっこよく変わっていく様や水族館のデート、新木さんのウエディングドレス姿などのほか、原作マンガで人気の「ランジェリー広告撮影」のシーンも再現されている。

 「あのコの、トリコ。」は、少女マンガ誌「Sho-Comi」(小学館)で連載され、コミックスの累計発行部数100万部突破の人気作。映画では、主人公のメガネ男子・鈴木頼を吉沢さんが演じ、頼がいちずに思いを寄せるヒロイン・立花雫役で新木さん、人気俳優として活躍する頼と雫の幼なじみ東條昴役で杉野遥亮さんが出演し、芸能界を舞台にした三角関係が描かれる。

 頼(吉沢さん)は東京の芸能コースがある高校に転入し、幼い頃から好きだった雫(新木さん)と再会する。女優という夢に向かって真っすぐに頑張る雫に改めて恋をした頼は、彼女の付き人として現場に同行するようになる。ある日、下着の広告撮影で昴(杉野さん)があるアクシデントで帰ってしまい、降板させられそうになる雫。そこで頼は、昴の代役としてカメラの前に立つことになり……というストーリー。

 また、男女ユニット「AAA(トリプル・エー)」の“Nissy”こと西島隆弘さんが歌う書き下ろしの主題歌「トリコ」も予告編で解禁。映画主題歌を初めて担当する西島さんは「『Nissy』として映画の主題歌のお話をいただいたのは初めてだったので、とてもうれしかったです。『ドキドキするハッピーソングを!』と思って作らせていただきました。ぜひ、映画を見てその後に流れるこの曲でも、HAPPYになっていただけたらなと思います」とコメントを寄せている。