ananの「銀魂2」特集の扉 anan2110(7月11日発売号)(C)マガジンハウス

 俳優の小栗旬さん主演の実写映画「銀魂(ぎんたま)」の続編「銀魂2 掟は破るためにこそある」(福田雄一監督、8月17日公開)が、女性誌「anan(アンアン)」(マガジンハウス)2110号(7月11日発売、600円)で、16ページにわたって特集されていることが9日、明らかになった。映画公開前にもかかわらず「勝手に大ヒット御礼!」と銘打ち、特集では未公開のキャラクタービジュアルを独占で先行掲載している。

 掲載しているキャラクターは坂田銀時(小栗さん)、志村新八(菅田将暉さん)、神楽(橋本環奈さん)の“万事屋メンバー”に加え、「真選組」の近藤勲(中村勘九郎さん)、土方十四郎(柳楽優弥さん)、沖田総悟(吉沢亮さん)、伊東鴨太郎(三浦春馬さん)。さらに「鬼兵隊」の高杉晋助(堂本剛さん)、河上万斉(窪田正孝さん)の合計9人となっている。

 また特集では、小栗さん、柳楽さん、三浦さんのグラビアとインタビュー、福田監督のロングインタビューも掲載されている。

 「銀魂」は、マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で2004年から連載されている空知英秋さんの人気マンガ。天人(あまんと)と呼ばれる異星人に占領された江戸時代・かぶき町を舞台に、なんでも屋「万事屋」を営む侍・坂田銀時らが難題を解決する姿を描くSF時代劇コメディーで、テレビアニメも放送され、劇場版アニメも公開された。

 2017年に公開された実写版の続編となる今作は、万事屋と真選組の熱い友情が描かれる「真選組動乱篇」と人気キャラの将ちゃん(徳川茂茂)が登場する「将軍接待篇」が融合したストーリーとなる。