スウェーデン戦に先発出場したスターリング [写真]=Getty Images

 解説者として活躍する元イングランド代表DFガリー・ネヴィル氏が、パフォーマンスが批判されている同代表FWラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)を擁護した。8日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が同氏のコメントを伝えている。

 7日に行われた2018 FIFA ワールドカップ ロシア・準々決勝で、イングランド代表はスウェーデン代表を2-0で下した。しかし、同試合にスタメンで出場したスターリングのパフォーマンスに納得していないファンが多いようで、SNS上で批判の声が上がっている。G・ネヴィル氏はこれらの批判に対して自身の見解を述べ、スターリングを批判から擁護した。

「SNS上でのスターリングへの批判には嫌気が差すね。それらの批判は彼のパフォーマンスを適切に評価したものではない。彼は常に(アンドレアス・)グランクヴィストの裏を狙っていた。確かにゴールを決めれば誰もがヒーローになれる。この試合での彼はゴールを決めることはなかったが、彼のパフォーマンスは決して批判されるようなものではなかった」

 また、G・ネヴィル氏は代表チーム全体のパフォーマンスにも言及。28年ぶりの準決勝進出を果たした母国の代表チームを称賛した。

「信じられないね。とても素晴らしいことだよ。今大会でのイングランド代表はとても組織的で、試合をコントロールできるチームだ。とても成熟していて、落ち着いたプレーを見せてくれている。このレベルのチームを見るのは久々のことだよ」