連続ドラマ「義母と娘のブルース」の制作発表に出席した綾瀬はるかさん

 女優の綾瀬はるかさんが5日、東京都内で行われた主演連続ドラマ「義母と娘のブルース」(TBS系)の制作発表に、共演者とともに出席した。綾瀬さんは、娘を持つ男性と結婚したことで突然、母となるキャリアウーマンを演じ、劇中に“土下座”シーンが何度も登場するという。夫役の竹野内豊さんから、“土下座”シーンの撮影で、綾瀬さんが床に突っ伏した体勢のまま寝ていたことがあると暴露され、「言わない方がいいかな?」と聞かれると、赤面していた。

 竹野内さんは「スケジュールがすごくタイトだったんですよ。夜中の3時半集合で、綾瀬さんは連日、撮影が続いていてお疲れだった。『あれ、土下座がちょっと長いかな』と思ってたら(綾瀬さんが)『私、ちょっと寝ちゃってました』と言ってた」と暴露した。

 綾瀬さんは「土下座の体勢って、頭に血がのぼって、しんどいなと思っていたんですよ。ずっと耐えて、真剣にやっていたつもりだったんですけれど、一瞬、意識が飛んじゃった」と“弁明”。「何事もなかったようにせりふを言って、OKが出たんですが(竹野内さんから)『あの間がちょっと長かったのは何だったの?』と聞かれて(ばれたと思った)」と、照れ笑いしていた。

 会見には佐藤健さん、横溝菜帆さん、麻生祐未さんも出席した。

 「義母と娘のブルース」は、現在は入手困難になっている桜沢鈴さんの“幻の4コママンガ”が原作で、義母と娘の愛と成長を描くハートフル作品。綾瀬さん演じるバリバリのキャリアウーマンの主人公・岩木亜希子が、幼い娘を持つ男性・宮本良一(竹野内さん)からプロポーズされて結婚し、母親になろうと畑違いの家事や育児に奔走する……というストーリー。10日から毎週火曜午後10時に放送。初回は15分拡大版。