誰でも好きなモノを好きなように買うかと思いますが、お金が貯まらないなと思う人には一定の共通項があるようです。この症状があったらちょっと危険かも?

◆お金が貯まらない人の家にあるものとは?
お金が貯まらないと話す人はいるかと思いますが、そのような言葉を発している人の周りには、同じようなモノが溢れている傾向にあるようです。是非、自分と比べてみて下さいね。

◆その1 100均グッズがたくさんある
以前に増して商品のクオリティは高く、品揃えも豊富な100均ショップは子供からお年寄りまで人気があります。欲しいモノがあったら、とりあえず100均へ出掛ければ、その店だけですべての品物を揃えられることも……。大変便利で今や私たちの生活に欠かせない存在になっている100均ショップですが、問題はこの店でどのように買い物をするのか、なのです。

他の店に比べて手頃なのであれこれと買いたくなってしまうと思うのですが、100均グッズは必要性よりも「安い」と言う思いが先行してしまい、要らないものまで買ってしまうことがあるので要注意です。使わない100均グッズが溜まってきているのは、散財癖が悪化しているかもしれませんよ。

◆その2 ブランドを決めずに食器を集めている
季節や食事の内容に合わせて食器をコーディネートする人は多いかと思いますが、食器を揃えるためにかかる費用は相当なものです。和食・洋食・中華と使うお皿は違うかもしれませんが、本当にすべて使っているのかを今一度考えてみて下さい。

滅多に使わないタコ焼き器、アイスクリームメーカー、チーズフォンデュ鍋等は、どれくらい使うのか、代替品は無いかを考えてから買うようにしましょう。

食器の収集は、100均ファンにも多く見受けられます。

セレブの多くは食器を集めていますが、100均ファンとの最大の違いは集め方にあります。100均ファンは季節ごと・カテゴリーごとに購入し、新しい商品が発売されたら購入するというスタイルがほとんどです。一方セレブは定番のブランドの同一ラインで揃えています。

ブランド品だと高額になるという思いがよぎると思いますが、定番の商品であれば皿が1枚割れてしまった時には、その1枚のみを取り寄せることができるのです。つまり必要なものを買い直すだけで、常にセットが揃った状態で保有することができるのです。長い目で見ると、割安な投資になると言えますね。

◆その3 収納グッズが多い
家が片付かないからと、収納グッズを購入する人は要注意です。本来の収納スペースに問題があるかもしれませんが、そもそも収納スペースが足りなくなると言うのは、暮らし方と家にあるモノがアンバランスな状態であることが考えられます。そして何よりもモノを「買い過ぎ」ているのです。

収納スペースというのは、余裕が生まれると再び埋め尽くしてしまうということがありますので、収納スペースが無くなった場合には収納グッズを買うのではなく、不要なモノを処分することが必要なのです。

今回取り上げた3つのモノは、無駄遣いに直結するモノばかり。いずれのモノも上手に購入し活用すれば、リーズナブルでありながら豊かな生活を送る助けになります。その一方で、計画性を持たずに購入するとお金が貯まらないばかりか、生活の質も落としかねません。モノを購入する場合には、本当に必要かを考えてから、購入するようにしたいものです。

文=飯田 道子