WOWOWの「ウィンブルドンテニス」でスペシャルナビゲーターを務める俳優の石黒賢さん

 7月2日から生中継されるWOWOWの「ウィンブルドンテニス」でスペシャルナビゲーターを務める俳優の石黒賢さんが、このほどWOWOWのテニス番組収録後に東京都内で取材に応じた。自身も経験者で、大のテニス好きとして知られる石黒さんは「今のテニス界は、ファンからすると本当に幸せな時代」と力説した。ロジャー・フェデラー選手やラファエル・ナダル選手といった「後世まで残る名選手」や錦織圭選手、有望な若手選手も多いことに加え、「戦い方も成熟してきています」と説明。「テニス界は、男子も女子も、ジュニアも、車いすも(面白い)。こんな時期はないと思いますよ。『今、見なくていつ見るの』というぐらい、(今の)テニスは面白い」と熱く語った。

 スペシャルナビゲーターとして英国ロンドンの現地で収録に臨む石黒さん。開幕を目前に控えるテニスの4大大会(グランドスラム)の一つ、ウィンブルドンについて「知力、体力、精神力、これが三位一体とならないと勝てないんですよね」と切り出し、「グランドスラムは2週間あり、7回勝って優勝。体力と、(決勝の)ピークに合わせていく精神力、雨の中断でも負けない自己統制能力、刻一刻と変化していく芝へ対応するための戦術。これらが相まって(勝てる)。プラス、お客さんの気。センターコートに満ち満ちていて、これが面白いんですよね」とその魅力を説明。「今までに聞いた(インタビューした)何十人の選手全てが、一番獲りたいタイトルは『ウィンブルドン』と言う。僕もテニスやっていたから分かりますが、もう、夢ですよね」とウィンブルドンへの思いを語った。

 ウィンブルドンで注目する選手については、「芝は日に日に変わっていくから、経験値の高い人が有利だと、今まで見てきて思います。フェデラー、ナダルとか」としつつ、「もちろん錦織圭選手は注目しています」と石黒さん。「亡くなった私の父(プロテニス選手の石黒修さん)が、錦織選手が17、18歳で出てきた時から『こんなにうまい日本人選手はいない、ケガさえしなきゃとんでもないことになる』と言っていた」と明かし、「錦織選手は球を自由自在に操れるし、外国人も好きになるし、回転量を毎ショット変えて球を操る。テニスって、将棋と同じだと思うんです。最後、詰みに向かってどういう組み立てをするか……ものすごく戦術が大事なんです。すごく知力を使うんですよね。そういうことが錦織さんはできるので、見ていて楽しい」と絶賛した。

 ただ、石黒さんは、手首のケガから復帰した錦織選手について「競り合った中で決め手となるポイントを取る感覚は、復帰してからは経験していないので、取り戻すにはもうちょっとなのかな」とし、「優勝は次の全米(オープン)に持ち越しかもしれない」とやや厳しめな予想も。だが「錦織選手がウィンブルドンに出始めたのは、WOWOWがウィンブルドン(の中継)をやり始めた時と同じなんですよ。錦織圭のウィンブルドンとWOWOWのウィンブルドンは、共に歩いてきているわけです。そこの一端に僕もいて、(錦織選手を)ずっと見てきた。確かに、ウィンブルドンではまだそれほど活躍していないから、毎年『今度こそ! 今度こそ!』と思っているので、『今年こそは、圭、見せてよ』と思います」と期待を込めて語った。

 石黒さんは、ほかに注目の男子選手は「やっぱりフェデラーですね」と明かし、「ウィンブルドンに関しての、あの人の力はとてつもない。『ここは俺の場所』って。身にまとう空気感は、やっぱりホームですよ。スイス人ですけどウィンブルドンは彼のホーム(笑い)」と語った。

 取材前、石黒さんは元プロテニスプレーヤーでWOWOWテニスアンバサダーを務める伊達公子さんと対談。伊達さんもロンドンで同番組に出演することが決まっており、石黒さんは「輝かしいキャリアを持っている人。やっぱりテレビ放送だから初心者の方に分かる目線で話さなきゃいけないと思っているけど、芝ではどういう戦い方が(いいか)とか(専門的なことも)も聞きたい。随所で聞ければと思っています」と伊達さんとのトークに意欲をみせた。

 WOWOWは、ウィンブルドンテニスの模様をWOWOWプライムとWOWOWライブで7月2日~15日(8日は除く)に連日生中継する。初日は無料放送。スペシャルナビゲーターとして石黒さん、WOWOWテニスアンバサダーとして伊達さんが出演する。1日には関連番組「錦織圭・大坂なおみ 世界の頂点へ!ウィンブルドンテニス開幕直前スペシャル!」をWOWOWプライムで午後7時から放送する。21日には「ウィンブルドンテニス2018総集編」がWOWOWライブで午後5時から放送される。