関ジャニ∞の長寿冠番組『関ジャニ∞のジャニ勉』(カンテレ、毎週水曜24:25~ ※関西ローカル)。年内で事務所を退所し、音楽活動に専念することを発表している渋谷すばるが、最終出演回(7月4日放送)の収録前に、番組やメンバーへの思いを語った。

2007年5月2日より関西テレビでスタートした同番組は、関ジャニ∞のメンバー(横山裕、渋谷、村上信五、丸山隆平、安田章大、錦戸亮、大倉忠義)が隔週で地元・大阪にあるカンテレ本社で収録しているバラエティ。通常のレギュラー放送の収録では、スタジオにゲストを招いて“ゆずれないこだわり=頑固道”についてトークするのが基本スタイルだが、今回は7人だけで行われた。

渋谷は、「最後のスタジオ収録では、『ジャニ勉』らしく、関ジャニ∞らしくできたらな~って思っています。ま……一人ひとりとチューはしたいなと思ってるんですけどね(笑)。最後は。一人ひとりとね(笑)。ちょっと色んな思いを込めて(笑)。それぐらいの気持ちで」とオチャメに語っていた。さらに、「その時の自分を全部さらけ出して見てもらおうって。それしか出来ないというか。だから、何も取り繕うこともなく、ありのままの自分を、視聴者の皆さんにも、長年見てもらってきたスタッフの人たちにも届けられたらなって思いますね」と語り、収録に臨んだ。

この日は、『関ジャニ∞のジャニ勉 特別編~あおっぱなでも前向きに元気がでちゃうSP!~』というスペシャル企画とあって、メンバー全員で関ジャニ∞の歴史と『ジャニ勉』11年の歴史を重ね合わせながら総ざらい。“師匠”や“へびおじさん”、“たこ焼きマン”といった番組内で次々と生まれた名物キャラクターをはじめ、“さかなさかな”、“ひき肉ダンス”など数々の名シーンを生み出していった彼らの成長の軌跡を、VTRと『ジャニ勉』特製の年表で振り返る。

いざ収録が始まると、「俺らのアルバムみたいな感じやん!」(錦戸)、「これだけやってきて振り返ったことないもんね」(横山)、「珍しいな。『ジャニ勉』が僕らのことを褒めてくれるなんて(笑)。11年間ムチャぶりされ続けてきたな」(大倉)、「ちょっとこういうの恥ずかしいな(笑)」(渋谷)、「スタッフ! もっとええとこあったはずやろ」(村上)、「村上さん、過去VTR見たら髪の毛遊んでる」(横山)、「ゆるいパーマあてとった」(渋谷)、「たしかに、俺遊んでる~(笑)。髪、そよがせとった」(村上)、「400回の箱根ロケでは、僕とヤスで山田(丸山&安田のコンビ名)のギャグやったね!」(丸山)、「2/∞で亮と行ったロケきっかけでハマるものを見つけて。ロケに行かせてもらってありがとう!」(安田)などと口々に思い出があふれ出す7人。

ジャニーズ事務所に1996年に入所し、カンテレで1997年にスタートした『Kanjani Knight』に、関西ジャニーズJr.となって程なくの頃から出演していた渋谷。そして2002年には『J3KANSAI』の番組内で、関ジャニ∞を結成。その後、『ほんじゃに!』を経て、2007年に冠番組となる『関ジャニ∞のジャニ勉』がスタート。そんな経緯もあり、「『ジャニ勉』については、やっぱり特別というか。テレビ局の実家感みたいな。長年やらしてもらってるからこその空気感がずごくある。でも、なんか、それだけじゃない……常に、その時の自分らを、ちゃんと成長してるかというか、厳しく見て下さってるような事も感じるから。それってもう愛情でしかないと思うし。そこに対して自分らに何ができるかって。育てて頂いている……そういう気持ちに対して、僕らが何をお返しできるかっていうような事をずっとさせてもらっていたので。ホントにありがたい、大事な場ですよね」と番組への想いを語る渋谷だった。

“関ジャニ∞7人でのジャニ勉”の集大成となる『関ジャニ∞のジャニ勉 特別編~あおっぱなでも前向きに元気がでちゃうSP!~』は、“『ジャニ勉』らしく”に、トコトンこだわった1時間だ。