りょうが主演を務めるスペシャルドラマ『島耕作シリーズ35周年企画『部長 風花凜子の恋』会長 島耕作 特別編』(読売テレビ・日本テレビ系、7月5日木曜・12日木曜23:54~0:54)に、キーマン役として丸山智己とカンニング竹山の出演が決定した。

本作は弘兼憲史の人気コミック「島耕作シリーズ」の35周年スピンオフ企画として、モーニング(講談社)にて漫画連載の掲載と同時に制作が進行しているスペシャルドラマ。島耕作が会長を務める大手電機メーカー「テコット」を舞台に、りょう演じる風花凜子がセクハラやパワハラ、ワークライフバランスなどの難題に奮闘しながらも恋や仕事と向き合っていくというストーリーとなっている。今回発表されたのは、凜子にとってライバルとなる敵とさりげなく支えてくれる味方だ。

丸山智己が演じるのはテコットの営業部部長・速水貴文で、国際本部北米部長である凜子の宿敵。役員の座を争う中で凜子をかなり敵視しており、彼女の失脚させるために弱みやスキャンダル探しの謀略をめぐらせていく。

一方、カンニング竹山が演じるのは、テコット会長・島耕作の秘書・三代稔彦で、凜子とはアメリカ留学時代からの友人。実はゲイという役どころで、問題やトラブルに奔走する凜子を陰ながらサポートしていくという。

役に挑む2人のコメントは以下の通り。

<丸山智己 コメント>
りょうさん演じる風花凜子のライバルということで、今からとてもワクワクしています。働き方の見直しが進みつつある現代において未だ根強く残る男女格差やパワハラ問題。様々な問題を象徴するかのごとく、凜子に立ちはだかる壁としての存在をしっかりと演じたいと思います。

<カンニング竹山 コメント>
久しぶりにお芝居の仕事をさせて頂きます。三代稔彦と言うキャラクターが面白く是非ともやってみたい役でした。 カンニング竹山にはないキャラクター、どう三代を演じるか自分でも楽しみです。 大会議室でのシーンの三代、台本を読み惚れました。