ボブ・ディランとウィスキー :アルコールビジネスにハマるミュージシャンたち

Heavens Doorという名のウィスキーで、ボブ・ディランがついに魅惑のアルコール業界に進出した。ラッパーからロッカーまで、今全米でブームとなっているセレブリティのアルコール業界参入を探る。

「まじかよ、ボブ・ディランがウィスキーやるってさ!」

大好きなアーティストの1人がアルコールビジネスに進出するという話を耳にして、酒造メーカー エンジェルス・エンヴィ・バーボンの共同創設者、マーク・ブシャラ氏は開口一番こう言った。「まさか夢にも思わなかった」と言うブシャラ氏は、ディラン氏の夢を叶えるサポート役を買って出て、オリジナルウィスキーHeavens Door(ヘブンズ・ドア)を共同開発。ライ麦ベース、バーボン、ダブルバレル・ウィスキーの3種類を発売した。

お酒のブランドを持つミュージシャンはボブ・ディランだけではない。ラッパーから(ジェイ・Zやドレイク)ロッカー(サミー・ヘイガー)、カントリーシンガー(トビー・キース、フロリダ・ジョージア・ラインなど)に至るまで、ミュージシャンの間ではオリジナルブランドのお酒を開発するのがちょっとしたブームになっている。「セレブリティはアルコールビジネスを重視するようになりました。従来のファンにアピールするのはもちろんのこと、より幅広い層にアピールすることができるからです」と語るのは、ビームサントリーのPR・ソーシャルメディア部門シニアディレクターをつとめるダン・コーエン氏。「逆にいえば、アルコール業界がセレブの新規参入を認めたということでしょう。有名人は、自己表現の新たな方法を手に入れたのです」 中には、アルコールビジネスでかなり稼いでいるケースもある。ジェイ・Zはヒップホップ業界いちの稼ぎ頭だが、フォーブス誌は成功の理由として、彼が運営するシャンパーニュのArmand de Brignac(アルマン・ド・ブリニャック)とコニャックのDusée(ドゥセ)の市場価値が上昇していることも要因のひとつに挙げている。ジョージ・クルーニーも、共同経営者と立ち上げたテキーラのブランドCasamigo(カサミーゴ)から何十億ドルもの収益を上げている。

ディランのウィスキー業界参入はかなり”うまい”タイミングだ。業界筋の話によれば、ウィスキーやブランデー、コニャックはここ数年”ブームになっている”という。しかしコーエン氏は、Heavens Doorのようなお酒は潜在的な顧客を得るためにヒネリが必要だという。「お酒とセレブリティが同じ価値観を共有していることが望ましいですね」 この点に関してはブシャラ氏も同意見で、Heavens Doorも「(ディランの)音楽の例に違わず」時間の経過とともに味が深まるのが特徴だ。「ボブを吟遊詩人になぞらえたんです」とブシャラ氏。「つねに変化していく存在――それが我々の販売戦略です」

サミー・ヘイガー(ヴァン・ヘイレン)とアダム・レヴィーン(マルーン5)
Santo Puro Mezquilla(サント・プーロ・メスキーラ)
価格:49~55ドル



メキシコでパーティをしていた時、ヘイガーとレヴィーンは「テキーラとメスカール、どっちが美味いか」という議論を始めた。結局2人は、両方ミックスすることにした。「こりゃいけるぞ、と思ったんだ」とヘイガー。彼は以前、テキーラブランドで総額9100万ドル(約100億円)の収入を上げた。「これを飲むと、普通のテキーラが物足りなくなった」

専門家のコメント:「昔ながらの友人のように、まろやかで滑らかな飲み口。虫が入っていないので、フレッシュ感が楽しめる」――OldTownTequila.com


ハンソン
Mmmhops(ンー・ホップ)
価格:販売店価格(4本入りパックで販売)



故郷オクラホマ州タルサでクラフトビール・ブームが起こると、ハンソン兄弟も「可能な限り、ひととおり学んだ」とテイラー。完成したペールエールのネーミングは、ツアーバスの中でひらめいた。「みんな大爆笑さ。超バカバカしいネーミングだけど、味は最高だよ」

専門家のコメント:「その名の通り、ホップの個性をたっぷり感じられる」――BeerAdvocate.com


ジョン・レジェンド
LVE Wines(LVEワインズ)
価格:50-85ドル



「ずっと、自分の音楽はワインと相性がいいと思ってたんだ」と言うレジェンドは、2015年、ナパヴァレーで自らのワインブランドを立ち上げた。「家では毎日飲んでるよ。みんなでディナーする時も、夜のんびりTVでクリッシー(妻のクリッシー・テイゲン)を見る時もね」

専門家のコメント:「チョコレートコーティングしたブラックチェリーのような、芳醇なフレイバーがいつまでも広がる」――Wine Enthusiast


デイヴ・マシューズ
Dreaming Tree(ドリーミング・ツリー)
価格:15ドル



ワイン醸造家の友人とタッグを組んで、Dreaming Tree Winesというブランドを立ち上げることにしたマシューズ。ブランド名は1998年のオリジナルソングにちなんで名づけられた。Webサイト上では、マシューズのツアーシェフがワインに合う健康的なレシピを提案。「もっと多くの人にワインを飲んでもらえたら最高だね」

専門家のコメント:「彼のコンサート同様、仲間と分かち合いたくなる魔法のワイン」――Busted Wallet


ジョン・ボン・ジョヴィ
Hampton Water(ハンプトン・ウォーター)
価格:25ドル



ロングアイランドで休暇を過ごした時、ボン・ジョヴィの息子ジェシーはロゼに夢中になった。「ハンプトンに行くたびに、何ケースも買い占めるんだ」とジェシー。父親を説得して、ワイン業界に参入した。父ジョンいわく、「ワインに関してはジェシーがボスなんだ」

専門家のコメント:「2杯目が飲みたくなるぐらい、これほど美味しいロゼに出会ったのはいつだろうか?」――EmpireWine.com


ダリアス・ラッカー
Backstage Whiskey(バックステージ・ウィスキー)
価格:29.99ドル



コンサートでは必ず1杯ひっかけてからステージにあがるというラッカー。バックステージでの儀式をヒントに、ウィスキーブランドを立ち上げた。ピンクペッパーやピーチミントなど各種フレイバーで展開。バックステージ・パスを模したラベルには一言、「今夜は門限なし。翌日の出発は朝11時です」


専門家のコメント:「氷なしのストレートで飲むのがおすすめ。・・・ほろ良い気分になれる」――ピープル誌