フジロック第9弾ラインナップにカリ・ウチス、GLIM SPANKY、アッシュらが決定

ステージ別発表から2週間、フジロックフェスティバルが第9弾ラインナップとして新たに9組の出演者を発表した。

まず初日の金曜には、5月にキャリア初の武道館公演を終えたGLIM SPANKYが登場。2015年にはレッドマーキーのトップバッターを務めていた彼女たちだが、今回は満を持してのグリーンステージ出演、さらにスケールの大きくなったロックンロールを苗場に響かせてくれそうだ。



2日目の土曜には、フジロック常連で知られる北アイルランド出身の3人組アッシュが決定。3年ぶりとなる今回は、過去に入場規制を記録するほどの盛り上がりを見せたホワイトステージにカムバックとあって、最新アルバム『アイランズ』からの楽曲を中心に名曲連発でオーディエンスの心を掴むことは間違いない。また、今年3月に2年振りの新作『Gerato』をリリースしたダーティ・ラスティック・ストンプこと、OLEDICKFOGGYがこの日のホワイトでトップバッターとして抜擢されている。



最終日の日曜は、タイラー・ザ・クリエイター、ゴリラズ、サンダーキャット、ジョルジャ・スミスといった錚々たるアーティストたちを招いたデビュー・アルバム『Isolation』が世界中で称賛され、今年のグラミー賞で最優秀R&Bパフォーマンス賞にもノミネートされた実績を持つコロンビア出身のシンガー、カリ・ウチスに注目。コーチェラでも超満員のオーディエンス沸かせた彼女と、2014年のグラミーで最優秀カントリー・アルバム賞&最優秀カントリー・ソング賞の2部門に輝いたケイシー・マスグレイヴス、そしてMISIAという国内外の歌姫が並び立つホワイトステージの流れは筆舌に尽くし難い。



そして、1980年より任天堂のサウンドエンジニアとしてチップ・サウンドを世界に広げ、昨年キャリア史上初のアルバムをリリースして話題となったオリジネーターの田中宏和が、Chip Tanaka名義で最終日深夜のSUNDAY SESSIONに出演。さらにボードウォークの途中にある小さなステージ、木道亭におおはた雄一トリオfeat.細海魚が登場する他、PYRAMID GARDENにDJ/ZAMIANG、DJ/濱田 大介、タップダンサーの熊谷和徳ら3組も決定した。

湯沢・苗場開催20周年となる今年のフジロック。チケットは現在、各プレイガイドで一般発売が行われている。


FUJI ROCK FESTIVAL18
期間:2018年7月27日(金)、28日(土)、29日(日)
会場:新潟県 湯沢町 苗場スキー場
http://www.fujirockfestival.com/