新SD就任を発表したヘタフェ [写真]=Getty Images

 日本代表MF柴崎岳が所属するヘタフェが、スポーツディレクター(SD)にニコラス・ロドリゲス氏が就任したことを発表した。

 ロドリゲス氏は2008年、当時セグンダ・ディビシオンB(スペイン3部リーグ)のADアルコルコンでSDに就任。2014-15シーズンにはラス・パルマスのSDを、翌シーズンにはスポルティング・デ・ヒホンのSDを務めた。2017-18シーズンにはヴィッセル神戸所属のスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが主要株主を務めているアルバセテ・バロンピエのSDとして手腕を発揮していた。

 ヘタフェは2017-18シーズンのリーガ・エスパニョーラを8位で終えている。