映画「劇場版ドルメンX」の一場面 (C)高木ユーナ/小学館 (C)2018「劇場版 ドルメンX」製作委員会

 俳優の志尊淳さんの主演映画「劇場版 ドルメンX」(小室直子監督)が15日からTOHOシネマズ新宿(東京都新宿区)ほかで公開される。2015~17年にマンガ誌「ヒバナ」(小学館)で連載された高木ユーナさんの同名マンガが原作。5人の宇宙人が地球侵略のためにアイドルグループを結成し、トップアイドルを目指す姿を描く。3月に日本テレビで放送された全4話の深夜ドラマに、15年後のエピソードを追加して構成されている。

 ある惑星から宇宙人の隊長(志尊さん)、イチイ(浅香航大さん)、ニイ(小越勇輝さん)、サイ(堀井新太さん)、ヨイ(玉城ティナさん)がやって来た。5人の使命は、緑と水が豊富な地球を汚さず、戦争もせず、地球人に気づかれることなく侵略すること。ある日、ヨイの誘いでアイドルグループのライブへ行き、熱狂ぶりを目の当たりにした隊長は、アイドルになって地球を侵略するというアイデアを思いつき……というストーリー。

 桐山漣さん、お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実さんらが出演しているほか、お笑いコンビ「野性爆弾」のくっきーさんが音楽プロデューサーを務めている。

 主演の志尊さんをはじめ、宇宙人役を演じるメンバーがカッコいいのにコミカルなノリで楽しませてくれる。志尊さんといえば戦隊ドラマ「烈車戦隊トッキュウジャー」(テレビ朝日系、2014~15年)でトッキュウ1号役だったが、ヒーローがアイドル宇宙人を演じているのが、またギャップがあって面白い。「仮面ライダーW」(同局系、09~10年)に出演していた桐山さんとの共演も、特撮ファンなら見逃せない。

 宇宙人アイドルグループ「ドルメンX」による路上ライブシーンは、3月にドラマ版が放送されている時から話題を呼んでいた。キレキレのダンスと歌が想像以上の完成度で、まるで本物のアイドルグループのようだ。劇場版でも注目したい。(遠藤政樹/フリーライター)