手術を受けた中村俊輔 [写真]=Getty Images

 ジュビロ磐田は14日、MF中村俊輔が右足関節前方インピンジメント症候群と滑膜炎と診断され、11日に手術を受けたことを発表した。トレーニング合流までは6週間程度としている。

 今月24日に40歳となる中村は、今シーズン明治安田生命J1リーグに9試合に出場している。しかし、3月には左大腿二頭筋肉離れ、4月には左ヒラメ筋肉離れをするなど、故障が続いている。

 磐田はリーグ戦第15節を終え、6勝3分6敗の勝ち点「21」で8位。現在は2018 FIFAワールドカップ ロシアのためリーグ戦は中断しているが、再開後の7月18日には鹿島アントラーズと対戦する。