[東京 13日 ロイター] - 東京株式市場で13日、任天堂<7974.T>が前日比で7%を超す下げとなった。12日に開幕した米ロサンゼルスでゲーム見本市「E3」で家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の販売伸び悩みが意識された動き。

E3で任天堂は「スイッチ」向けの新作ソフトの発売日などを発表。

市場では「発売日が下期以降に偏っている。上期に目立ったタイトルがなく、『スイッチ』の販売が伸び悩みそう」(国内証券)との声が出ている。電子部品・半導体を手掛けるメガチップス<6875.T>やホシデン<6804.T>、ローム<6963.T>など任天堂関連銘柄の一角も安い。