キヤノンは6月12日、2018年6月9日に行われた「リポビタン D チャレンジカップ 2018」のラグビー日本代表対イタリア代表の試合において、キヤノンの入出力機器を用いた8K映像の伝送実験に成功したことを発表した。

実験では、大分銀行ドームで開催されたラグビーの試合をキヤノンが開発した8Kカメラ・レンズで撮影したライブ映像を衛星伝送し、東京都大田区にあるキヤノン本社で8K/HDRディスプレイおよび4K/HDRプロジェクター4台を用いて8K上映することに成功した。

  • 実証実験のイメージ

    実証実験のイメージ

入出力ともにキヤノンの4K、8K機器を用いることで、広いダイナミックレンジと広色域の表現豊かな映像の撮影、および離れた場所で臨場感あふれるライブ映像の視聴を実現。また、従来の8K映像の伝送は、8K専用のエンコーダー・デコーダーを使い圧縮した映像信号を光専用回線などで伝送していたが、今回の実験ではパートナー各社の協力の下、既存の4Kエンコーダー・デコーダー4台セットで圧縮した映像信号を衛星回線で伝送した。現行の4K機材も活用した8K映像伝送の実現により、今後、スポーツイベントの多拠点でのパブリックビューイングなどにおける8K画質で臨場感に優れた映像の利用シーンの拡大に期待できるという。

同社では今後も、臨場感・没入感を体感できる映像技術の開発を通じ、「ラグビーワールドカップ 2019TM 日本大会」をはじめとしたさまざまなスポーツ観戦の魅力の向上に貢献していくとしている。