バラエティー番組「無駄だと思ったら…実はスゴかった!~世代ギャップ前向き解消バラエティ~」で断食ダイエットに挑戦する蛭子能収さん=テレビ東京提供

 マンガ家の蛭子能収さんが、26日放送のテレビ東京のバラエティー番組「無駄だと思ったら…実はスゴかった!~世代ギャップ前向き解消バラエティ~」で人生初の断食ダイエットに挑戦することが25日、分かった。番組は「無駄」をテーマにした内容で、蛭子さんが無駄だと感じる断食ダイエットを3泊4日の合宿で体験する。番組には、旅バラエティー番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(バス旅)で蛭子さんと共演した太川陽介さんも出演。蛭子さんの断食ダイエットは、太川さんも驚くような結末を迎えるという。

 番組は、それぞれの立場の人が「無駄だ」と主張することを深掘りし、意外な一面を紹介しつつ、世代や性別のギャップを解消するという内容。タレントのヒロミさん、お笑いコンビ「メイプル超合金」のカズレーザーさんがMCを務める。

 蛭子さんのダイエットの模様をスタジオで見たカズレーザーさんは「あの蛭子さんが! ドキュメンタリーを見ている感じでした」とコメント。ヒロミさんは「蛭子さんって、こっちが頼んでもなかなかいいコメントをしないんだけど、にもかかわらず、今回は『断食ダイエットはいい』って言っていたから、たぶん断食は本当にいいんだろうね!」と語った。

 番組では、断食ダイエットのほか、「ポイントカード」「寿司の修業」「盆栽」の無駄に迫る。タレントの鈴木奈々さんが盆栽に挑戦する。26日午後1時に放送。