TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 人気RPGの強化版にあたる「カリギュラ オーバードーズ」(PS4、フリュー)が予想通り首位を獲得。予約は絶好調だったのですが、そこからすると実売はちょっと足踏みした印象です。2位の「ドンキーコング トロピカルフリーズ」(NS、任天堂)は変わらず好調で、ロングセラーになっていますね。

 ◇今週の動き

 月末ということで新作ラッシュです。首位と予想しているのは「ダークソウル リマスタード」(PS4、フロム・ソフトウェア)。名作アクションRPG待望のPS4移植ということで、ファンの期待も高いようです。シリーズ1作目のタイトルではあるのですが、今のユーザーは「2」「3」から入った人も多いようで、新作という位置づけで期待しているようですね。今月発売の新作では断トツの人気だと見ています。

 続くのは「Detroit:Become Human」(PS4、SIE)と予想。アドベンチャーということで、「ダークソウル」とユーザーの重複もそこまでないのでは。3位以下には「ペルソナ5 ダンシング・スターナイト」(PS4・Vita、アトラス)、「ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト」(同)が入りそうです。

 ◇ランキングは次の通り(5月14~20日・TSUTAYA調べ・限定版含む)

1位 カリギュラ オーバードーズ(PS4)

2位 ドンキーコング トロピカルフリーズ(NS)

3位 実況パワフルプロ野球2018(PS4)

4位 星のカービィ スターアライズ(NS)

5位 実況パワフルプロ野球2018(Vita)

6位 スプラトゥーン2(NS)

7位 マリオカート8 デラックス(NS)

8位 ゴッド・オブ・ウォー(PS4)

9位 ニンテンドーラボ バラエティ キット(NS)

10位 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(NS)

 ◇プロフィル

 松尾武人(まつお・たけと) TSUTAYAゲームリサイクル企画グループ リーダー

 「GAME TSUTAYA」加盟約550店に新作ゲームの商品提案をするマーチャンダイザー。1996年から家電量販店でゲームのバイヤーを担当。2002年にTSUTAYA入社後も一貫してバイヤーの道を歩んできた。ネオジオCDを2台購入したほどの格闘ゲーム好きだったが、現在は携帯版ドラクエなどで遊ぶ日々が続いている。