「推しが武道館いってくれたら死ぬ」のアニメ化が発表された「月刊COMICリュウ」7月号

 地下アイドルとファンがテーマの平尾アウリさんのマンガ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」がアニメ化されることが19日、分かった。19日発売の連載誌「月刊COMICリュウ」(徳間書店)7月号で発表された。

 「推しが武道館いってくれたら死ぬ」は、岡山県で活動する地下アイドル「ChamJam」の人気最下位メンバー・市井舞菜に人生全てをささげて応援する熱狂的ファンの女性・えりぴよのドルヲタ活動を描いたマンガ。コミックスが4巻まで発売されている。

 アニメの詳細は今後、発表される。