6回巨人二死満塁、代打阿部が右前に2点打を放つ=東京ドーム(C)KYODO NEWS IMAGES

○ 巨人 6 - 3 DeNA ●
<9回戦・東京ドーム>

 巨人・阿部慎之助が代打で貴重な2点適時打を放った。

 ベンチスタートとなった阿部は4-3と1点リードの6回二死満塁の場面に代打で登場。阿部は3ボール1ストライクから武藤祐太のストレートを3球連続ファウルにすると、8球目のフォークをライト前に運んだ。

 18日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-DeNA戦』で解説を務めた真中満氏は「さすがですよね。ストレートをファウルにして、フォークボールを相当マークした中で、フォークボールのストライクとボールを見極めた。ストライクにきたフォークを打った。本当に完璧ですね。技術と経験で打ったヒットですね」と舌を巻いた。

 長年レギュラーで活躍した阿部だが今季は、オープン戦で12球団トップの15打点を挙げた岡本和真の成長もありベンチスタートが多い。それでも少ない出場機会で、チームに欠かせない存在感を発揮している。

(ニッポン放送ショウアップナイター)