プリンセス・ノキアが初来日、<フジロック>が出演アーティスト第7弾を発表

開催まであと70日に迫った<フジロックフェスティバル>が、出演アーティスト第7弾を発表。プリンセス・ノキアやレッツ・イート・グランマを筆頭に、国内外から多彩な顔ぶれが揃った。

今回追加になったのは全9組。初日7月27日(金)には、若干10代にしてBBC Radio 1などで取り上げられ、7月には2ndアルバム『アイム・オール・イヤーズ』のリリースを控えるエクスペリメンタル・ポップ・デュオ、レッツ・イート・グランマと、韓国出身でベルリンを拠点とするマルチ・アーティストのペギー・グー、そして<フジロック>出演回数最多とも言われる石野卓球が登場。

ケンドリック・ラマーがヘッドライナーを務める7月28(土)には、昨年グリーンステージを沸かせたアヴァランチーズが、今度はDJセットで2年連続の出演。また、米ローリング・ストーン誌が選ぶ「2016年の知られざる名盤15枚」のひとつに選ばれ話題となったNYのフィメール・ラッパー、プリンセス・ノキアも見逃せない。初登場のアクトが目立つ中、前回<フジロック>に出演した際にはメンバーが客席に降りオーディエンス参加型のライヴを繰り広げたエスネ・ベルサ、今年で結成30周年を迎えるeastern youth、次世代ヒップホップ集団YENTOWNの立役者Chaki Zuluといったカムバック組にも注目だ。特にChaki Zuluは2015年にDJを引退しているが、<フジロック>のために一夜限りの復活を果たすという。

満を持してボブ・ディランが登場する7/29(日)は、昨年のROOKIE A GO-GO出演者による「FRF’18出演権獲得!目指すはメインステージ!」投票企画において出演権を獲得したCHAIが、今年のメインステージへの切符を勝ち取った。お茶の間進出も果たした彼女たちによる中毒性の高いパフォーマンスは、最終日のハイライトになりそうだ。

なお、<フジロック>は現在チケットの2次先行販売を受付中。6月2日からは一般発売がスタートする。


FUJI ROCK FESTIVAL18
期間:2018年7月27日(金)、28日(土)、29日(日)
会場:新潟県 湯沢町 苗場スキー場
http://www.fujirockfestival.com/