ザ・コーラル、2年半ぶりの新作『ムーヴ・スルー・ザ・ドーン』を8月にリリース

英リヴァプール出身のロック・バンド、ザ・コーラルが通算9枚目のアルバム『ムーヴ・スルー・ザ・ドーン』をリリース。謎のカタカナをあしらったアートワークも話題になっている。

5年間の活動休止を経てリリースされた『ディスタンス・インビトウィーン』(2016年)に続く新作は、地元リヴァプールのパー・ストリート・スタジオでレコーディングが行われ、再びバンドとリッチ・ターヴィー(ブロッサムズ、キャベッジ他)の共同プロデュース。海外では8月17日にリリースとなり、日本盤CDの詳細もまもなくアナウンスされるという。

なお、コーラルは4月から5月上旬にかけて行われたマニック・ストリート・プリーチャーズのUKツアーにおいて、スペシャル・ゲストとして帯同したばかりだ。


<リリース情報>

MOVE THROUGH THE DAWN

ザ・コーラル
『ムーヴ・スルー・ザ・ドーン』
※日本盤の詳細は後日発表

収録曲:
1. Eyes Like Pearls
2. Reaching Out For A Friend
3. Sweet Release
4. Shes A Runaway
5. Strangers In The Hollow
6. Love Or Solution
7. Eyes Of The Moon
8. Undercover Of The Night
9. Outside My Window
10. Stormbreaker
11. After The Fair