「ハローキティ新幹線」の2号車の「KAWAII!ROOM」のイメージ

 JR西日本(西日本旅客鉄道)は、サンリオの人気キャラクター「ハローキティ」とコラボした「ハローキティ新幹線」を、山陽新幹線で6月30日から運行をスタートすると18日、発表した。「こだま730号」「こだま741号」として、毎日新大阪~博多間を往復する。2号車の車内には、「KAWAII!ROOM」と題したJR西日本の新幹線では初となるハローキティ仕様の“可愛いお部屋”が登場する。

 「ハローキティ新幹線」は、西日本の地域活性化を目指して誕生したもので、地域を「つなぐ」「結ぶ」という思いが詰まったリボンをモチーフにデザインされたピンク色の500系新幹線。先頭車両(1・8号車)には制服を着たハローキティのイラストが描かれ、各号車には地域限定デザインのハローキティが登場する。

 1号車には、西日本の各地域を期間限定で紹介する「HELLO!PLAZA」があり、限定グッズや地域の特産品が購入できるショップスペース、一休みできるスペース、地域の魅力に触れる映像コーナーなどを用意。2号車の「KAWAII!ROOM」は、ハローキティ新幹線の乗客のために特別にデザインされた部屋で、ハローキティと一緒に記念撮影ができるフォトスポットもある。さらに車内チャイムは「ハローキティ新幹線」限定のオリジナルメロディーに変更される。

 また、7~9月に開催される「山陰デスティネーションキャンペーン」に合わせ、1号車車内では、「鳥取 ハローキティ」「島根 ハローキティ」のオリジナルペイントが登場する。10月頃からは、「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン・アフターキャンペーン」が開催される山口県をテーマに取り上げるという。

 「こだま730号」は、博多を午前6時40分に出発し、午前11時13分に新大阪に到着。「こだま741号」は、新大阪を午前11時29分に出発し、博多に午後3時38分に到着する。