特別番組「親の顔見たい!ザ・ワールド」でMCを務めるお笑いコンビ「バナナマン」の設楽統さん(左)と日村勇紀さん(C)MBS/TBS

 お笑いコンビ「バナナマン」がMCを務める特別番組「親の顔見たい!ザ・ワールド」(MBS・TBS系)が19日に放送される。世界のスーパースターの親を直撃取材するという内容で、番組では米国出身の歌手ビヨンセさんの父親に、日本のテレビ局で初めて取材している。

 番組は、国内外の“スーパースター”の母親や父親に取材を行い、超一流の子育てを発見していく内容。ビヨンセさんのほか、トム・クルーズさんやレオナルド・ディカプリオさん、レディー・ガガさんといった大物スターの“親の顔”を追跡する。ニューヨークではガガさんが下積み時代に出演していたライブハウスで愛用の楽器を発見。ヒューストンではインタビューに応じてくれたビヨンセさんのパパに、ビヨンセさんのものまねでおなじみのお笑いタレントの渡辺直美さんがビデオレターで「娘の才能にいつ気づいた?」と質問し、驚きのエピソードも飛び出すという。

 このほか、昨年「全米最優秀女子高生」に選ばれ、名門コロンビア大学に通うスカイ・ボークさんと、母のボーク・重子(しげこ)さんへの密着取材や、「女子高生ミスコン」優勝者の家族の物語なども放送する。番組にはバナナマン、渡辺さんのほか、ヒロミさん、飯豊まりえさん、デーブ・スペクターさん、阿部祐二さんが出演する。19日午後2時に放送。

 収録後のバナナマンの設楽統さん、日村勇紀さんのコメントは以下の通り。

 ◇バナナマンのコメント

 ――収録の感想を聞かせてください。

 設楽統さん:司会をしていて思ったのは、知らないうちに心がほっこりする番組だなって。タイトルに「ザ・ワールド」とある通り、米国はロサンゼルスからニューヨーク、ヒューストン、ワシントン、そして日本各地を総力取材で飛び回っています。渡辺直美さんとビヨンセさんのお父さんのコラボは一見の価値ありです。スタジオでは、ヒロミさんの子育てや家族の話が面白かったな。僕は子どもがいるので自分の子どもを考えるような番組だな、と思いましたね。

 日村勇紀さん:いろんな親の顔が見られるんですが、最後は「あー、見てよかったー」っていう、幸せな気持ちになりました。親子で見てもらいたいですね。なかなかお父さんに言えないことがあったりとか、その逆もあったりとか、いろいろあると思いますけど、この番組を見て、いいきっかけを見つけられたら。あと、飯豊まりえちゃんがすごく親孝行だったっていう。娘にしたい女性ナンバーワンかも。

 ――収録中に日村さんから「VTRを見てたら子供が欲しくなっちゃった」との発言がありました。

日村さん:考えたこともなかったですけどね、自分に子供がいるとか。ただ、収録でも話しましたけど、最近、設楽さんの娘さんに会うことがあって。今日の取材VTRとリンクしている部分があって、勝手にそういうふうになっちゃった(笑い)。

 設楽さん:うちの娘も日村さんのことはすごく好きなんですよ。

 日村さん:それがありがたいです。

 設楽さん:この前、会って、誕生日プレゼントくれたりとか。

 日村さん:そうそう。

 設楽さん:もう一人のパパみたいですよね(笑い)。

 日村さん:まあ、彼女の爪ぐらいはね、俺が作ったと言っちゃう(笑い)。