「FENDER CUSTOM SHOP EXHIBITION」の第2弾出演者に、布袋寅泰とKen(L’Arc〜en〜Ciel)が決定

6月16日にベルサール渋谷ガーデンにて行われる、フェンダーアーティストモデル30周年記念イベント「FENDER CUSTOM SHOP EXHIBITION」。第2弾出演者として、布袋寅泰とKen(LArc〜en〜Ciel)の2組が発表された。

「もっと自分らしい音を出せるようにカスタマイズしたい」という、アーティストの細やかな要望に応えた特別仕様モデルを一般のプレイヤーにも、という目的で始まったのがフェンダーのアーティストモデル。今回開催される「FENDER CUSTOM SHOP EXHIBITION」は、フェンダーアーティストモデル30周年を記念したギターファンのためのエキシビションだ。

新たに出演が決まった布袋寅泰は、イベント当日にその場でフェンダーのトップラインである「FENDER CUSTOM SHOP」に、自身が思い描く「最高の1本」を公開オーダーする。本イベントのために来日予定のポール・ウォーラーは、U2のボノやキース・リチャーズ、バディ・ガイ、ナイル・ロジャースらのオーダーにも応えたフェンダー最高峰の職人「マスタービルダー」のひとりであり、布袋が望む「最高の1本」を実際に製作するべく、その好みや志向、細かな要望をその場でヒアリングしながら具体化していくという。

また、Ken(LArc〜en〜Ciel)は自身が所有しているギターを持参し、ピックアップのカスタマイズを行う。フェンダーの伝説的なピックアップ職人、アビゲイル・イバラ唯一の愛弟子であるホセフィーナ・カンポスが、手巻きで丁寧に製作した特別なピックアップをその場で実装する。トークセッションでは、自身のサウンドへのこだわりに加え、ピックアップをカスタマイズしたビフォーアフターでのサウンドの違いについて、実際に生演奏で確かめながら語る予定である。

他にも、フェンダーのアーティストシグネイチャーについて語るトークイベントでは、鈴木茂がその歴史や特徴について解説。Charは発表されたばかりの自身のシグネイチャーモデルにまつわるエピソードや想いを語るとともに、ミニライブでそのサウンドを響かせる。そして会場の展示エリアでは、「The NAMM SHOW 2018」で発表された最新のアーティストモデルに加え、日本人アーティストが使用するカスタムショップの実機や、これまでにリリースされたアーティストモデルの中から数々の名作も展示。約200本もの新作を中心としたギターが一堂に会することになる。

今後の追加情報は、フェンダー公式サイトにて随時アップデート予定だ。

<イベント情報>

FENDER CUSTOM SHOP EXHIBITION
開催日時:2018年6月16日(土)11:00〜19:00
場所:ベルサール渋谷ガーデン 1F ホール
〒150-0036 東京都渋谷区南平台町16-17 住友不動産渋谷ガーデンタワー 1F
入場料:無料 
第二弾発表出演者:Ken(LArc〜en〜Ciel)、布袋寅泰
第一弾発表出演者:鈴木茂、Char(以上50 音順)
ステージエリア整理券配布情報:2018年6月6日(水)詳細更新予定
https://shop.fender.com/ja-JP/customshop-event-2018