映画「のみとり侍」の初日舞台あいさつに登場した阿部寛さん

 俳優の阿部寛さんが18日、東京都内で行われた主演映画「のみとり侍」(鶴橋康夫監督)の初日舞台あいさつに登場。阿部さんは、印象に残ったシーンを聞かれると、山村紅葉さんとの“ラブシーン”を挙げ、「印象というより緊張しました。つま先までピーンと伸びきっていました。芝居を忘れて(山村さんの演技に)身を任せていました」と振り返った。

 舞台あいさつには、寺島しのぶさん、豊川悦司さん、斎藤工さん、松重豊さん、鶴橋監督も出席。阿部さんと山村さんの“ラブシーン”について、寺島さんは「京都の撮影所のスタッフさんたちが騒然としていて、山村紅葉さんがすごかったって話題になっていた」と明かし、豊川さんは「阿部寛という俳優の役者魂がそこにあるように感じました。何でもできちゃう(役者)。すごいシーンです!」と絶賛した。

 阿部さんは、同作について「劇場で大笑いできるちょっとエッチな映画です。ぜひ笑いに劇場に来てください」とアピールした。舞台あいさつでは、シャンパンタワーで映画の公開をお祝いする一幕もあり、シャンパンを口にした阿部さんは「山村さんの味しかしないな」と苦笑いしていた。

 映画は小松重男さんの歴史小説「蚤(のみ)とり侍」(光文社文庫)が原作。飼われている猫ののみ取りと、「女性に愛を届ける」ことを意味する“のみとり”を裏稼業にしている真面目な侍の姿を描く。