国内でサービスが始まった「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」 (C)2018 PUBG Corporation. All Rights Reserved.

 世界的な人気ゲーム「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ)」(PUBG)のスマートフォン版の日本国内でのサービスが16日、始まった。事前登録数は130万を突破したという。

 PUBGは、孤島に放たれた100人のオンラインプレーヤーが、活動可能なエリアが狭まっていく中で、ランダムに配置された武器や車両、装備を調達しながら、生き残りを懸けて戦うシューティングゲーム。PCやマイクロソフトの家庭用ゲーム機「XboxOne」向けに発売されている。韓国のゲーム会社「Bluehole」傘下の「PUBG」(東京都渋谷区)が開発し、2017年に発売した。

 スマートフォン版は、PC版のモードをほぼ再現。2人での「デュオ」や最大4人の「スクワッド」によるチーム戦モードも用意する。基本利用料無料でアイテム課金。