らくだ書店 本店【愛知県】

ビジネスプランニング、デザイン、DTPおよびウェブサイトの制作、分析・データマイニングを本業としていた西川印刷が、1995年に関連事業として新しいスタイルの書店をスタートさせました。時代がどんどんネット社会へと傾斜し、本離れの傾向が顕著になるなか、そこはなんとコーヒーを飲みながら本を選べる独特のスタイル。読書好きの“らくだ書店ファン”をしっかりつかんでいます。

“立ち読み”ならぬ“座り読み”で本当に気に入った本に出会う


「知的活動を支援でき、豊かな生活に役立ち、情報化社会に即応した商品とソフトを取り扱っていく」というのが、ここ「らくだ書店」のテーマなのだそうです。つまり“本を売る”というよりも“本のある生活を売る”ということでしょうか。 普通の書店では、本の陳列、棚割りの工夫、ショーカードやPOPで、1冊でも多くの本が売れる努力をするというのが一般的。ところが、らくだ書店の場合は“売りやすい工夫”ではなく、お客さんにとって“買いやすい”ようにするにはどうしたらいいのかという逆ベクトルで考えたようです。つまり「販売促進」より「購買促進」。押してダメなら引いてみよう的やり方です。 そんな発想から定着していった「らくだ書店スタイル」は、“立ち読み”ではなく、店内随所に椅子を置いての“座り読み”のススメ。さらに、併設のカフェベーカリーに購入前の検討段階の本を1冊持ち込めるというシステム。これだと、買うほどではないけれども話題になっている本をゆっくり読めてしまうし、ほかの本もよその書店でなくここでじっくり検討して買おうという心理が働こうというものです。24時まで営業というのも長居して本を選ぶ人には大きなメリットでしょう。 出張や旅行の隙間時間に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。