高畑充希と草刈正雄がW主演を務めることで話題の、2018年の6月に放送される2時間スペシャルドラマ『68歳の新入社員』(カンテレ・フジテレビ系、21:00~)に、小瀧望(ジャニーズWEST)が出演することがわかった。小瀧は、高畑が演じる主人公のOL・工藤繭子(28)と同棲中の恋人・小野諒(28)を演じる。

本作の舞台は、昔ながらの味で客に親しまれてきた老舗の和菓子会社・羊堂本舗。前職での実績を買われてヘッドハンティングされ、新規事業開発を引っ張る28歳のOL・繭子(高畑)が、ある日突然40歳も年上の仁井本和夫(草刈)を部下として抱えることへの苦悩が描かれる。

小瀧が演じる諒は、自宅の1階でカフェを営むかたわら、オブジェなどを作る芸術活動もしている“癒し系男子”。しかも、何をしても周りから許されてしまう“憎めない系男子”で、とにかく優しく、料理も上手で、夕食を作って繭子の帰宅を待つこともしばしば。日々、仕事に追われてプレッシャーを抱える上、“自分よりも40歳も年上の部下”を持つキャリアウーマンの彼女を笑顔で包み込む癒しの存在になっている。小瀧自身も「“働く女性の味方でありたいな”っていうイメージはありますね。仕事をバリバリやるキャリアウーマンは、僕は好きです。仕事バリバリやって、家で見せてくれる無防備な姿っていうのは、男子の理想像じゃないですか? 僕はすごい理想的なんですけど(笑)。繭子みたいに頑張ってる、ハキハキしてるシャカリキな、仕事に一生懸命な女性っていうのは、僕は大好きですね」と笑顔で語った。

今回演じる役どころは、21歳の小瀧の実年齢より7歳上の設定だが、「今までと全然違った役どころで、まだ演じたことがなかった役ですね。こんなナチュラルな役をやったことがなかったんで、すごく新鮮に楽しんで演じることができました。人に対して“やってあげたくなる精神”は自分と似ていると思います(笑)。ナチュラルにナチュラルにというか、普段通りのトーンを意識してますね。70%ぐらいは、いつもの僕と一緒なんじゃないですかね」と等身大の普段の小瀧に近いイメージで演じるように意識したとのこと。

小瀧と高畑は初共演だが、共に大阪出身ということもあり、現場では意気投合。「役の中では、繭子が頑張って、僕がいつもドシっとしているんですけど、普段は高畑さんの方が断然お姉さんなので、引っ張ってもらっている感じです。前からお芝居がすごく素敵な方やなって思っていたので、間近で見られてありがたいですね。強弱とかトーンとか、セリフの間とか、盗めたらなと思って見ています」と信頼を寄せる。

諒は極度のマイペースで、繭子にとって理解不能な部分も多く、芸術活動についても「好きでやっているだけ」「お金が絡むとつまらない」と気ままに続けている一面も。それに対し、日々、成果を追って仕事をしている繭子には、諒の野心や向上心の無さが理解できず、イラっとすることも。反対に、諒は自分なりに繭子を支えたいと思っているが、うまく伝わらない。「何で繭子はそんなに頑張るの?」と問いかけるが、ある日、繭子が仕事のストレスから、諒に八つ当たりをしてしまい、2人の関係がぎくしゃくし始める……という展開が待ち受ける。

ドラマの見どころについて小瀧は、「すごく幅広い世代に共感して頂いたり、通じるものがあったりする物語だと思うんですよね。新入社員からリタイアされた方まで、幅広い層に見てもらえると思いますし、そんなドラマに参加させて頂くのは光栄でありがたいです。その中で、いろんな問題とか、葛藤とか、悩みとか、それに立ち向かっていく主人公の繭子、それを支える諒。そして何よりも28歳の上司と68歳の部下というアンバランス感というか、デコボコ感やミスマッチ感みたいなものも楽しんでもらえたらと思います」と語り、「僕的な願望は、原田美枝子さん演じる文子さん世代、そして高畑充希さん演じる繭子さん世代からの支持を多く集められればなと思ってます(笑)。見どころとしては、“リアル彼氏感”。諒が男を見せる瞬間もありますし、2人の行く末を最後まで、ちゃんと見届けて頂ければありがたいです。これまでとは全然違った僕がホントに見られると思いますので、ファンの方はもちろん、視聴者の皆さんに楽しみにして頂きたいですね。最後は皆が成長していく、その成長過程を温かい気持ちで見られるドラマ。皆さんの心の中にある不安や悩みに、ちゃんと寄り添える作品だと思うので、誰かの心の癒しになれればいいなと思います」とアピールした。