レトルトカレーの選び方を紹介|あなたは健康志向? 激辛? 本格派?

  • カレーのイメージ画像

    子どもから大人までみんな大好きカレーライス。おいしいおすすめレトルトカレーを調査してみた

カレーのことをちょっと考えただけでガマンできず、次の食事はカレーで決定! カレーだったら毎日だって大丈夫! そんな「カレー愛」が強過ぎる人、実は多いのでは?

まあ、そこまでヘビーなカレー党じゃなくても、今やカレーは国民食。あなたのキッチンにも、レトルトカレーがいくつか常備されているのではないでしょうか。

災害時の備蓄品としても、とても重宝するレトルトカレー。ごはんさえあればいつでも手軽に食べられるし、ちょっとしたおかずをトッピングすれば、オリジナルのけっこう豪華なご馳走になります。

ごひいきブランドのレトルトカレーをひたすらリピートするのもいいけれど、スーパーやコンビニ、カレー専門店には実に多彩なレトルトカレーがあふれています。スーパーのレトルトカレーコーナーでは本棚のようにディスプレイされていて、選ぶのも楽しくなります。

そこで自分の好みにあったレトルトカレーの選び方を紹介するとともに、マイナビニュース会員500人に実施した「わたしが選ぶ超おいしいレトルトカレー」アンケートの結果をもとに、人気のレトルトカレーをランキング形式でご紹介します。また後半では、レトルトカレーをさらにおいしくするアレンジテクニックを紹介していきます。読んだらきっと食べたくなりますよ。ごはんを炊く準備をしながら、じっくり読んでくださいね!

健康やダイエットを考えて、カロリーや容量で選んでみる

S&Bでは75グラム程度と少量な『食べ方チョイス』シリーズを6種類発売。大塚食品もちょっと少なめで塩分やカロリーを控えめにした『マイサイズ いいね!プラス』シリーズが好調だそう。

ほかにもアイケイの『ノンオイルカレー』シリーズは、少なめ&脂質0で低カロリーと女性やシニアを中心に人気が高いようです。さらに薬膳や漢方を使用したレトルトカレーも登場。大盛りガッツリ系とは対極にある、少量サイズや健康志向レトルトカレーにも注目したいところです。

せっかくカロリーが抑えられても味がおいしくないと意味がありません。口コミや評判などを参考にしてみるとよいでしょう。

  • S&B『食べ方チョイス 欧風カレー』

    (出典:Amazon)


    味は全6種類。一度に複数の味を食べるのも楽しいですね

    S&B『食べ方チョイス 欧風カレー』 Amazon価格 10袋1,365円 ※1袋あたり136円(税込み 2018/08/02現在)

  • 大塚食品『マイサイズ 欧風カレー』

    (出典:Amazon)


    カレーの味は4種類。内容量もカロリーも少しずつ控えめです

    大塚食品『マイサイズ 欧風カレー』 Amazon価格 10袋1,008円 ※1袋あたり101円(税込み 2018/08/02現在)

カレーの王道、辛さにこだわる

グリコ『ビーフカレーLEE(リー)辛さ×30倍』

(出典:Amazon)


40種類のスパイスとビーフの旨味が凝縮、辛いのにやたらと旨い

グリコ『ビーフカレーLEE(リー)辛さ×30倍』Amazon価格 10袋2,619円 ※1袋あたり262円(税込み 2018/08/02現在)

やっぱりカレーには辛さのパンチがないと、ということで人気が高い激辛系はどうでしょう。辛口派に人気の定番といえば江崎グリコの『LEE(リー)』シリーズで、『ブラックカレー 辛さx5倍』『辛さ×10倍』『辛さ×20倍』の3種類が用意されています。

特にマニアを唸らせる『LEE(リー) 辛さ×30倍』は夏限定商品で、一部の激辛好きにとっては夏の風物詩にもなっています。今年も登場するのか気になるところですが、発売されたら、激辛好きの方はぜひトライしてみましょう。

話題・評判になっているカレーを試してみる

ローカルな激辛カレーからも目が離せません。茨城県の磯山商事が発売する『18禁カレー』シリーズ、北海道特産品 吉粋が発売する馬肉と鹿肉を使用したその名も『大馬鹿ヤローカレー(激辛)』、会津ブランド館の『激辛 会津磐梯山大噴火カレー』など、ネーミングからも辛さがひしひしと伝わってくる商品が満載です。勇気のある人はぜひ!

  • 磯山商事『18禁カレー(元祖)』

    (出典:Amazon)


    元祖でもシリーズの中では甘口のようですが、赤唐辛子が1本まるごと入りです

    磯山商事『18禁カレー(元祖)』 Amazon価格 1袋1,180円(税込み 2018/08/02現在)

  • 吉粋『大馬鹿ヤローカレー(激辛)』

    (出典:Amazon)


    馬肉と鹿肉の激辛カレー、食べると思わず「大ばかやろー」と叫びたくなるらしい

    吉粋『大馬鹿ヤローカレー(激辛)』 Amazon価格 1袋1,001円(税込み 2018/08/02現在)

  • 会津ブランド館『会津磐梯山大噴火カレー(超辛)』

    (出典:Amazon)


    トマトの甘みと豚の旨さに激辛がブレンドされた「激辛レッドカレー」

    会津ブランド館『会津磐梯山大噴火カレー(超辛)』 Amazon 1袋価格529円(税込み 2018/08/02現在)

本格カレーを自宅で堪能する

タイカレーも年々人気が上昇しています。タイに工場を構えるヤマモリの『タイカレー』シリーズは、7種類をラインナップ。いずれも本格的なタイ料理店の味が手軽に楽しめるので、タイ好きの方は要チェックです。

本格インドカレーでは輸入食材の宝庫KALDI COFFEE FARMのオリジナルレトルトカレーもオススメ。『バターチキン』トマトとバターや生クリームで濃厚に仕上げる北インドを代表するカレー、『インドカレー パラックパニール』はほうれん草とカッテージチーズ、『インドカレー ケララチキン』はひよこ豆、『インドカレー ケララチキン』は珍しい南インドのチキンカレーです。冷凍庫にナンも常備したくなりますよ!

西友のPB『みなさまのお墨付き』シリーズにもタイやインド、札幌スタイルのスープカレーなど、本格レトルトカレーが充実。しかも魅力的なのがそのコスパです。本格派カレーでは他社の半値以下と言える162円(税込み)なので、これは気軽に楽しめそう。

  • ヤマモリ『タイカレー グリーン』

    (出典:Amazon)


    グリーン唐辛子をベースにココナッツミルク入りグリーンカレー、辛い中にも甘みのある本格的なタイカレー

    ヤマモリ『タイカレー グリーン』 Amazon価格 3袋976円 ※1袋あたり325円(税込み 2018/08/02現在)

  • カルディオリジナル 『インドカレー バターチキン』

    (出典:Amazon)


    トマト、バター、生クリームで濃厚に仕上げる北インドを代表するカレー

    カルディオリジナル 『インドカレー バターチキン』 Amazon価格 1袋980円(税込み 2018/08/02現在)

具材に名産品や高級品が使われている商品で選ぶ

ご当地グルメは数知れず、レトルトカレーも例外ではありません。全国を眺めれば数百種類はあるので、ひと通り食べたとしても相当長い期間楽しめることは間違いありません。旅行にでも行かなければ食べられない名物なので、多少高くてもお取り寄せして食べてみる価値はありです。

  • べこ政宗『牛たんカレー 210g』

    (出典:Amazon)


    仙台といえば牛タン、その仙台にあるお肉屋さんが作るカレーなので間違いなくうまい

    べこ政宗『牛たんカレー 210g』 Amazon価格 1袋1,026円(税込み 2018/08/02現在)

  • レインボー食品『広島名産 かきカレー 中辛 200g』

    (出典:Amazon)


    瀬戸内海でとれる広島県産のかきを牛乳、バター、ココナッツミルクでじっくり煮込んだ本格派です

    レインボー食品『広島名産 かきカレー 中辛 200g』 Amazon価格 1袋540円(税込み 2018/08/02現在)

  • 肉のイイジマ『常陸牛 カレー 200g』

    (出典:Amazon)

    常陸牛一頭使用の高級カレーです

    肉のイイジマ『常陸牛 カレー 200g』 Amazon価格1袋1,380円(税込み 2018/08/06現在)

コスパ抜群のPB商品でレトルトカレーをアレンジして楽しむ

ひと手間加えてオリジナルのアレンジカレーにするのに最適なのが、コスパ抜群のPBです。特売期間ではなくても常時100円程度という価格は嬉しいもの。具材があまり入っていないものもあって、トッピングやアレンジがしやすいというのは、かえってありがたいのではないでしょうか。

オススメシリーズはこれ! 西友「みなさまのお墨付き」シリーズの『カレー(辛口・中辛・甘口)』は210gで85円(税込み)。トップバリュ ベストプライスの『カレー(辛口・中辛・甘口)』は200gでなんと54円(税込み)とコスパよすぎ! ローソンストア100「バリューライン」の『特盛カレー(大辛・中辛・甘口)』は108円(税込み)ながら300gとボリューミーです。

超おいしいレトルトカレーおすすめランキング19位~6位

さて、それではマイナビニュース会員500人を対象に実施したアンケートを元に、「超おいしいと認めるレトルトカレー」をランキングでご紹介します。

アンケートでは各商品のラインナップ(味や辛さなど)は聞いておらず、以下でご紹介する商品の味や辛さなどは、おすすめナビ!編集部が選んだ商品です。

19位に3ブランドが並んだため、まずは19位から6位を見ていきましょう。

19位 S&B『おいしいカレー』

  • S&B『おいしいカレー(辛口)』

    (出典:Amazon)


    19位 S&B『おいしいカレー(辛口)』

野菜と果実にこだわったおいしさ

小麦を使わず野菜の持つとろみとおいしさだけで勝負した自信作、30種類のオリジナルスパイスがコクと香りを引き立てています。辛さは、甘口、中辛、辛口、大辛の4種類、中辛には2人前仕様(270g)も発売されています。

商品名 S&B『おいしいカレー(辛口)』
主なラインナップ 甘口、中辛、辛口、大辛、軽く2人前中辛
カロリー 158kcal
容量 180g
Amazon価格 6個セット 924円(税込み 2018/08/02現在)
※1個あたり154円(税込み 2018/08/02現在)

19位 S&B『噂の名店カレー』

  • S&B『噂の名店カレー(バターチキンカレー お店の中辛)』

    (出典:Amazon)


    19位 S&B『噂の名店カレー(バターチキンカレー お店の中辛)』

噂の名店の看板メニューが自宅で堪能できる

東京3店、大阪2店、神奈川1店、埼玉1店と合計7つの行列必至の超有名店が監修、噂の名店の看板メニューをレトルトカレーで忠実に再現しています。一度はご賞味あれ。

商品名 S&B『噂の名店カレー(バターチキンカレー お店の中辛)』
主なラインナップ ビーフカレー お店の中辛、バターチキンカレー お店の中辛、
湘南ドライカラー お店の中辛、大阪あまからビーフカレー 鮮烈な辛口
大阪スパイスキーマカレー お店の中辛、至福の重ね技 チーズキーマカレー お店の中辛
至福の重ね技 ラムキーマ&チキンカレー お店の中辛
カロリー 325kcal
容量 200g
Amazon価格 1袋296円(税込み 2018/08/02現在)

19位 S&B『ホテル・シェフ仕様 特製ビーフカレー』

  • S&B『ホテル・シェフ仕様 特製ビーフカレー』

    (出典:Amazon)


    19位 S&B『ホテル・シェフ仕様 特製ビーフカレー』

プロ向けの本格的な味わいが安く手に入る

ホテル使用の本格欧風カレー。こだわりの牛肉とじっくり炒めた玉ねぎの旨味が凝縮され、甘みとコクのバランスのとれた深い味わいを愉しめます。

商品名 S&B『ホテル・シェフ仕様 特製ビーフカレー』
主なラインナップ 甘口、中辛、辛口
カロリー 159kcal
容量 170g
Amazon価格 4個パックx2セット 995円(税込み 2018/08/02現在)
※1個あたり124円(税込み 2018/08/02現在)

18位 びっくりドンキー『スパイシーカリー』

  • びっくりドンキー『スパイシーカリー』

    (出典:Amazon)


    18位 びっくりドンキー『スパイシーカリー』

オリジナルスパイスと粗引き牛肉の絶妙なコンビネーション

北海道では知らない人はいないほど有名なハンバーグレストランのレトルトカレーです。深みとコクのあるスパイシーな味わいが特徴でクセになります。お店で食べるのと同様、ハンバーグをトッピングにしてどうぞ。

商品名 びっくりドンキー『スパイシーカリー』
主なラインナップ びっくりドンキーカリー、びっくりドンキーハヤシ
カロリー 256kcal
容量 200g
参考価格 1袋411円

16位 S&B『ディナーカレー』

  • S&B『ディナーカレー(辛口)』

    (出典:Amazon)


    16位 S&B『ディナーカレー(辛口)』

フォン・ド・ボーを使用した最高級の欧風カレー

深いコクと味わいが楽しめるビーフカレー。じっくり煮込んだリブロース肉とフォン・ド・ボーを使用した香り高いソースの相性が抜群です。

商品名 S&B『ディナーカレー(辛口)』
主なラインナップ マイルドリッチ甘口、中辛、辛口
カロリー 281kcal
容量 200g
Amazon価格 1袋 272円(税込み 2018/08/06現在)

16位 ファミリーマート『ぐつぐつ煮込んだビーフカレー』

  • ファミリーマート『ぐつぐつ煮込んだビーフカレー』

    16位 ファミリーマート『ぐつぐつ煮込んだビーフカレー』

具材をじっくり煮込んだまろやかな味が好評

まろやかでコクのある味わいは、誰が食べても満足の一品です。ルーの容量も210gと他のメーカー製品より少しだけ多くなっているのも嬉しいです。中辛のほかに辛口もラインナップされる。

商品名 ファミリーマート『ぐつぐつ煮込んだビーフカレー』
主なラインナップ 中辛、辛口
カロリー 157kcal
容量 210g
ファミリーマートHPでの価格 1袋103円(税込み)

15位 無印良品『素材を生かしたカレー』

  • 無印良品『素材を生かしたカレー(バターチキン)』

    (出典:Amazon)


    15位 無印良品『素材を生かしたカレー(バターチキン)』

化学調味料・合成着色料・香料を使用しない自然派カレー

スパイスの香り、トマトの旨味、カシューナッツのコクなど素材ごとのおいしさを存分に引き出しています。口あたりは、バターオイルを使っていて非常にまろやか。バターチキン以外の味も多数揃っています。

【コメント(アンケート回答より)】
・本格的でうまい(40代 男性)

商品名 無印良品『素材を生かしたカレー(バターチキン)』
主なラインナップ バターチキン、グリーン、3種の唐辛子とチキン
カロリー 157kcal
容量 180g
Amzon価格 3個セット 1,274円(税込み 2018/08/06現在)
※1個あたり425円(税込み 2018/08/02現在)

14位 ゴーゴーカレー『ゴーゴーカレー』

  • ゴーゴーカレー『ゴーゴーカレー』

    (出典:Amazon)


    14位 ゴーゴーカレー『ゴーゴーカレー』

金沢名物のゴーゴーカレーが自宅で食べられる

じっくり煮込んだスパイシーで濃厚なカレーは、クセになる味です。ゴーゴーカレーのほか、のと豚カレーや金澤プレミアムなど全部で8種類がラインナップされています。一度は食べてみたいカレーです。

【コメント(アンケート回答より)】
・濃くて上手い(20代 男性)
・食べたことのあるもののなかでは味がいい(40代 男性)

商品名 ゴーゴーカレー『ゴーゴーカレー』
主なラインナップ 中辛、辛口など
カロリー 258kcal
容量 155g
Amzon価格 5箱10食セット 2,850円(税込み 2018/08/02現在)
※1商品あたり570円(税込み 2018/08/02現在)

13位 ハウス食品『ザ・ホテル・カレー』

  • ハウス食品『ザ・ホテル・カレー(香りの中辛)』

    (出典:Amazon)


    13位 ハウス食品『ザ・ホテル・カレー(香りの中辛)』

上品で高級感のある香り高い欧風カレー

じっくり炒めた玉ねぎの香ばしさ、焙煎したスパイス、特性カレーパウダーなど香りにこだわった高級感あふれるカレーです。ホテルカレーシリーズは、香りの中辛のほか、コクの中辛、まろやか中辛の3種類が発売されています。

【コメント(アンケート回答より)】
・味が上品(40代 男性)
・安いから(20代 男性)

商品名 ハウス食品『ザ・ホテル・カレー(香りの中辛)』
主なラインナップ コクの中辛、香りの中辛、まろやか中辛
カロリー 222kcal
容量 180g
Amzon価格 2個セット 419円(税込み 2018/08/02現在)
※1個あたり210円(税込み 2018/08/02現在)

12位 S&B『カレー曜日』

  • S&B『カレー曜日(甘口)』

    (出典:Amazon)


    12位 S&B『カレー曜日(甘口)』

発売から28年、ロングセラーの定番レトルトカレー

家庭の手作りカレーを思い出させる大きな肉や野菜がごろごろ入ったカレーです。野菜が溶け込んだルーは、まろやかでやさしい味に仕上がっています。

【コメント(アンケート回答より)】
・野菜が大きくて、食べごたえがある(40代 男性)
・カレー曜日は具が大きくてすごくおいしい(50代 男性)

商品名 S&B『カレー曜日(甘口)』
主なラインナップ 甘口、中辛、辛口
カロリー 256kcal
容量 230g
Amzon価格 3個セット 982円(税込み 2018/08/02現在)
※1個あたり327円(税込み 2018/08/02現在)

11位 セブンプレミアム『金のビーフカレー』

  • セブンプレミアム『金のビーフカレー』

    11位 セブンプレミアム『金のビーフカレー』

最上級ブランド「セブンプレミアムゴールド」のビーフカレー

セブンプレミアム『ビーフカレー』

セブンプレミアム『ビーフカレー』

素材や製法にもこだわって最上級の味を追求するセブン-イレブンが放つレトルトカレー。高温加熱により旨味をとじこめた牛肉と玉ねぎの甘みが感じられるルーがおいしさの決め手です。ちなみに要冷蔵なのでご注意を!

また、セブンプレミアムのシリーズとしては、税込み98円とコスパがよい「ビーフカレー」シリーズ(甘口、中辛、辛口)と、ちょっとリッチにした税込み165円の「味わい深い欧風ビーフカレー」「インド風チキンカレー」「ごろごろ具材の彩り野菜カレー」なども揃っています。

【コメント(アンケート回答より)】
・ビーフの旨味がでていてビーフも割りと大きいし、とても美味しい(40代 男性)
・肉が大きくて食べ応えがある。辛さもちょうどいい(30代 女性)

商品名 セブンプレミアム『金のビーフカレー』
主なラインナップ ビーフカレー
カロリー 229kcal
容量 200g
セブン-イレブンHP価格 1袋386円

10位 グリコ『LEE』

  • グリコ『LEE(辛さ×10倍)』

    (出典:Amazon)


    10位 グリコ『LEE(辛さ×10倍)』

辛口カレーの代名詞ともいえるビーフカレーLEE

発売から30年以上たつロングセラー。カレーは辛くなくてはというこだわり派はおすすめです。辛さはブラックカレーの5倍、シリーズスタンダードの10倍、20倍の3種類。毎年夏季限定で辛さ30倍が発売されていて固定ファンも多数。

【コメント(アンケート回答より)】
・ほどよい辛味と旨みがおいしい(40代 男性)
・スパイスが利いた辛さ(60代 男性)
・辛さ10倍はちょうどいい刺激でウマイ! から(40代 男性)

商品名 グリコ『LEE(辛さ×10倍)』
主なラインナップ 辛さx10倍、辛さx20倍、辛さx20倍 大盛、
ブラックカレー 辛さx5倍
カロリー 228kcal
容量 180g
Amzon価格 10個セット 2,151円(税込み 2018/08/02現在)
※1個あたり215円(税込み 2018/08/02現在)

9位 グリコ『カレー職人』

  • グリコ『カレー職人(ビーフカレー中辛)』

    (出典:Amazon)


    9位 グリコ『カレー職人(ビーフカレー中辛)』

本格的なソースが楽しめる人気シリーズ

炒めたあめ色の玉ねぎがソースに溶け込んだコクと旨味のつまった本格ソースです。マイナビニュース会員アンケートでは、同シリーズにおける一番人気がこのビーフカレーでした。レンジでチンして食べられる手軽さも魅力のひとつです。

【コメント(アンケート回答より)】
・なじみがあって美味しい(30代 女性)
・チンできるからとてもいい(40代 女性)
・飽きのこない王道の美味しさから(30代 女性)

商品名 グリコ『カレー職人(ビーフカレー中辛)』
主なラインナップ ふわふわ玉子のカレー甘口、ビーフカレー中辛、
欧風カレー中辛、老舗洋食カレー中辛、
スパイシーチキンカレー辛口、
なすとトマトのカレー中辛、
バターチキンカレー中辛
カロリー サイト未掲載
容量 170g
Amzon価格 10個セット 955円(税込み 2018/08/02現在)
※1個あたり96円(税込み 2018/08/02現在)

8位 S&B『ゴールデンカレー』

  • S&B『ゴールデンカレー(辛口)』

    (出典:Amazon)


    8位 S&B『ゴールデンカレー(辛口)』

35種のスパイスとハーブで香り高いカレーが味わえる

特徴である香り高さは、カルダモン、クミン、コリアンダーなど焙煎したスパイスと、ローレル、サボリーなどを油脂と混ぜ合わせ粉砕することで引き出したハーブの香りとで実現しています。

【コメント(アンケート回答より)】
・スパイスの配合が一番好き(40代 女性)
・スパイスが利いている感じがして後を引く美味しさだと思うから(30代 女性)

商品名 S&B『ゴールデンカレー(辛口)』
主なラインナップ 中辛、辛口など
カロリー 191kcal
容量 200g
Amzon価格 5箱セット 1,296円(税込み 2018/08/02現在)
※1箱あたり259円(税込み 2018/08/02現在)

7位 ハウス食品『カレーマルシェ』

  • ハウス食品『カレーマルシェ(辛口)』

    (出典:Amazon)


    7位 ハウス食品『カレーマルシェ(辛口)』

牛肉とマッシュルームのコラボした本格欧風カレー

新鮮でおいしい素材がたくさん入っているブイヨンと風味豊かな特製スパイスで牛肉とマッシュルームをじっくり煮込んでいます。コクがあってまろやかな味わいの本格欧風カレーです。

【コメント(アンケート回答より)】
・マッシュルームが入っていて、お肉も多めでとても美味しいです(50代 女性)
・マッシュルームの食感が好きなのと味もだいすきです(40代 女性)
・小さい頃から食べていて、マッシュルームの大きいのがたくさん入っているのが好きだったから(30代 女性)

商品名 ハウス食品『カレーマルシェ(辛口)』
主なラインナップ 甘口、中辛、辛口
カロリー 175kcal
容量 180g
Amzon価格 5個セット 1,231円(税込み 2018/08/02現在)
※1個あたり246円(税込み 2018/08/02現在)

6位 ハウス食品『ククレカレー』

  • ハウス食品『ククレカレー(中辛)』

    (出典:Amazon)


    6位 ハウス食品『ククレカレー(中辛)』

小さい子供からお年寄りまでみんなが好きな定番カレー

すりおろしたりんごや野菜がとろけたまろやかなカレー。素材の甘みによりルーの辛さは抑えめに仕上がっているため、食べる人を選びません。とにかく家庭的でやさいしい味わいです。

【コメント(アンケート回答より)】
・昔からの定番でおしいいから(50代 男性)
・食べなれているから(30代 女性)
・レンジで箱ごとチンできておいしいから(40代 女性)

商品名 ハウス食品『ククレカレー(中辛)』
主なラインナップ 甘口、中辛、辛口、
大盛ククレカレー 中辛
カロリー 159kcal
容量 180g
Amzon価格 5個セット 735円(税込み 2018/08/02現在)
※1個あたり147円(税込み 2018/08/02現在)

超おいしいレトルトカレーおすすめランキングTOP5

それではランキングの5位から1位を見ていきましょう。

5位 新宿中村屋『インドカリー』

  • 5位 中村屋『インドカリー(濃厚ビーフ)』

    (出典:Amazon)


    5位 中村屋『インドカリー(濃厚ビーフ)』

昭和2年から受け継がれている深い味わい

中村屋創業者夫婦が日本への亡命を手助けした、インド独立運動の志士ラス・ビハリ・ボース。その彼にふるまわれた祖国のカリーへの感動が、中村屋「純印度式カリー」の始まりです。新宿中村屋のレトルトカレーはバリエーションも豊富。本格インドから欧風、スリランカスタイルもラインナップされています。

今回のアンケートでは16の商品に票が入りました。中でも『インドカリー 濃厚ビーフ』は42%と、もっとも大きな支持を集めています。

【コメント(アンケート回答より)】
・他の銘柄とは全然違う。値段は高いがそれだけの価値がある(60代 男性)
・レトルトとは思えないほど本格的でおいしい(20代 女性)

商品名 中村屋『インドカリー(濃厚ビーフ)』
主なラインナップ ビーフスパイシー、スパイシーチキン、ベジタブル、
濃厚ビーフ、濃厚マイルドチキン、グリルドビーフ、
香りとコクのキーマ、辛さ突き抜けるグリルチキン
カロリー サイト未掲載
容量 200g
Amzon価格 5個セット 1,381円(税込み 2018/08/02現在)
※1個あたり276円(税込み 2018/08/02現在)

4位 ハウス食品『咖喱(カリー)屋カレー』

  • 4位 ハウス食品『咖喱屋カレー(中辛)』

    (出典:Amazon)


    4位 ハウス食品『咖喱屋カレー(中辛)』

29種類のスパイスをオリジナルブレンド

ブイヨンで煮込んだ洋食屋スタイルのカレー。定番の『咖喱屋カレー』は甘口・中辛・辛口・大辛と4段階の辛さで展開され、同シリーズ中6割以上の票を得ています。スーパーなどで特売されるケースも多く、100円を大きく割る価格になることもあるというコスパの高さも魅力。ほかの商品では『咖喱屋コクデミカレー』『咖喱屋香りマサラカレー』『咖喱屋キーマカレー』などがあります。

【コメント(アンケート回答より)】
・『カリー屋カレー 中辛』コスパが最高(50代 男性)
・おいしい、毎日食べられる(30代 男性)
・食べ飽きない味(50代 女性)

商品名 ハウス食品『咖喱屋カレー(中辛)』
主なラインナップ 甘口、中辛、大辛、コクデミカレー、
香りマサラカレー、ポークカレー 中辛、
チキンカレー 中辛、キーマカレー
カロリー 172kcal
容量 200g
Amzon価格 10個セット 1,017円(税込み 2018/08/02現在)
※1個あたり102円(税込み 2018/08/02現在)

3位 ハウス食品『こくまろカレー』

  • 3位 ハウス食品『こくまろカレー(中辛)』

    (出典:Amazon)


    3位 ハウス食品『こくまろカレー(中辛)』

「コクのカレー」と「まろやかなカレー」をていねいにブレンド

あめ色になるまで炒めた玉ねぎのコクとまろやかな風味が織りなす味わい深いビーフカレー。大ぶりにカットされた人参とじゃがいもが入っています。カレールーとしても人気が高いブランドなので、知名度が高くレトルトカレーでも支持を得ました。

【コメント(アンケート回答より)】
・濃厚な味が好き(50代 男性)
・長い間レトルトも固形も『こくまろカレー』しか食べていない。中辛が一番好き(40代 女性)

商品名 ハウス食品『こくまろカレー(中辛)』
主なラインナップ 甘口、中辛、辛口
カロリー 146kcal
容量 210g
Amzon価格 5個セット 1,165円(税込み 2018/08/02現在)
※1個あたり233円(税込み 2018/08/02現在)

2位 明治『銀座カリー』

  • 2位 明治『銀座カリー(中辛)』

    (出典:Amazon)


    2位 明治『銀座カリー(中辛)』

昭和5年に発売された『キンケイ・ギンザカレー』の復刻版として登場!

特製の二段仕込みブイヨンでまろやかなコクを実現。炒めた玉ねぎの甘みと旨みを最大限に引き出しています。昭和初期、憧れの銀座モダンの世界をひと皿に込めたとのことです。定番の『銀座カリー』は中辛と辛口をラインナップ。同シリーズを合計すると、今回のアンケートで全体の回答数の71%もの支持を集めました。

【コメント(アンケート回答より)】
・「銀座」って付くだけで高級感が出る(40代 男性)
・辛さのなかにもコクがある(50代 男性)
・少し高めでもおいしい(40代 女性)

商品名 明治『銀座カリー(中辛)』
主なラインナップ 中辛、辛口、ハヤシ、
キーマカリー、チキンカリー、チーズカリー
カロリー 223kcal
容量 180g
Amzon価格 5個セット 1,051円(税込み 2018/08/02現在)
※1個あたり210円(税込み 2018/08/02現在)

1位 大塚食品『ボンカレー』

  • 1位 大塚食品『ボンカレー(中辛)』

    (出典:Amazon)


    1位 大塚食品『ボンカレー(中辛)』

2018年に発売50周年を迎えたレトルトカレーの大定番

1968(昭和43)年2月12日、世界初の市販用レトルトカレーとして、当初は阪神地区限定で発売された『ボンカレー』。「一人前入りで、お湯で温めるだけで食べられるカレー、誰でも失敗しないカレー」をコンセプトに誕生した元祖レトルトカレーがランキングの頂点に立ちました。今回のランキングでは全体の24.2%という圧倒的な支持を得たことも驚きです。

現在の定番商品『ボンカレー ゴールド』。パッケージの「おいしさ三重丸」は発売開始当時から変わりません。バリエーションは豊富になり、現在は甘口・中辛・辛口・大辛をラインナップしています。

日々進化の歩みを続ける『ボンカレー』。「甘口」はアルフォンソマンゴーと和梨でフルーティに、「中辛」はあめ色になるまで炒めた玉ねぎでコクを、「辛口」はカルダモンやブラックペッパーなどのスパイスで芳醇な香りを、「大辛」はハバネロピューレとチポトレをブレンドした辛さと、こだわりの製法で愛されています。

【コメント(アンケート回答より)】
・昔からあるから(50代 男性)
・一番なじみやすいレトルトカレーだから(40代 男性)
・飽きない味だから(50代 男性)
・シンプルさがよい(40代 男性)

商品名 大塚食品『ボンカレー(中辛)』
主なラインナップ 甘口、中辛、辛口、大辛、森のデミカレー中辛
カロリー 158kcal
容量 180g
Amzon価格 5個セット 750円(税込み 2018/08/02現在)
※1個あたり150円(税込み 2018/08/02現在)

レトルトカレーのアレンジアイデアをご紹介します

アレンジいろいろレトルトカレーをゴージャスに

ちょい足し、トッピング、大胆アレンジ。あなたのオリジナルテクニックでレトルトカレーを大変身させてみましょう。

レトルトカレーちょい足しの定番とは?

いつものレトルトカレーに調味料やスパイスをちょっと加えてみるだけで、表情がガラッと変わって新鮮になることも。それはミスマッチでしょう、といったものもやってみれば意外にもアリかもしれません。ちょっとずつトライしてみてはいかがでしょうか。

マヨネーズ・ソース・味噌・醤油・焼き肉のタレ・ヨーグルトはもはやちょい足しの定番。まだまだ冷蔵庫を覗くとあります。「キムチの素」は酸味とにんにく・生姜がいい刺激に。「めんつゆ」はそば屋さんのカレーに大変身。そんなノリでおススメなのが「オイスターソース」と「いかの塩辛」。発酵熟成された濃厚なアミノ酸が、レトルトカレーを劇的においしくさせてくれます!

  • キューピー マヨネーズ

    (出典:Amazon)


    キューピー マヨネーズ

  • エバラ食品 黄金の味 中辛

    (出典:Amazon)


    エバラ食品 黄金の味 中辛

トッピングも工夫一つでインスタ映え

レトルトカレーのトッピング王道はゆで卵・ウィンナー・チーズ・お惣菜やさんの揚げ物! でもこれでは色彩感が乏しいですね。そこは野菜で彩りましょう。ミニトマト・パプリカ・人参などの暖色系、アスパラ・オクラ・ズッキーニ・ピーマンなどの緑色系でカラフルに。

見た目はともかく好きなものをトッピングしておいしく食べたい! とくれば納豆やキムチが人気。サバ・イワシ・サンマといった青魚の缶詰もおススメです。人気の栄養素DHAとEPAも摂れて、健康志向のレトルトカレーに大変身! 水煮・味噌煮・醤油煮はお好みで。

本格派レトルトカレーにあわせてライスにもこだわる

本格的なインド料理店やタイ料理店のカレーを再現したレトルトカレーも続々登場。いつもの白ごはんだけではつまらないですね。タイカレーにはジャスミンライス、インドカレーにはバスマティライスを炊いてみてはどうでしょう。

外国のお米がなかったら、雑穀をブレンドして炊いてもパラパラ感が出て変化が楽しめます。黒米や紫米が入った雑穀ミックスと炊けば、カラフルなごはんでフォトジェニックなひと皿に。ターメリックを混ぜて炊けば鮮やかな黄色いごはんになるのでインスタ映え間違いなし!

まとめ

「超おいしいレトルトカレーおすすめランキング20選」の結果、「元祖は強し!」となりました。圧倒的な支持を得て頂点を制した元祖レトルトカレー、『ボンカレー』は登場して今年で50年! ということで、偶然ではありますが、レトルトカレーにとっての節目の年にアンケートを実施したことになり、編集部としても感慨深いものがあります。

上位陣は「銀座」や「新宿中村屋」といった「ちょっと高級感」がキーワードになったようです。全体的に見れば、日本に長く定着している洋食屋さんのカレーが支持を集めた結果となっています。

編集部では、定期的にカレーのアンケート調査を実施していこうと考えています。また、タイカレー部門や、購入額ベースでレトルトカレーに逆転を許したカレールー部門でも皆さんのご意見をうかがってみたいと思います。どうぞお楽しみに。(おすすめナビ!編集部&エボル)

◆アンケート情報
調査時期:2018年4月30日
調査対象:マイナビニュース会員
調査数:合計504名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

※この記事は、掲載後に、情報の更新のため編集部にて加筆・修正し掲載しました(2018.08.06)