バンダイナムコエンターテインメントは14日、自社のネットワークサービス運営機能を分社化し、10月1日付で新会社「バンダイナムコネットワークサービス」(東京都港区)を設立することを明らかにした。グループの事業の安定的成長、拡大を実現するため、ネットワークサービスの会社をグループで保持する。

 新会社の資本金は1000万円で、バンダイナムコエンターテインメントの100%子会社となる。専門性の高い人材を集め、育成も行い、ノウハウの蓄積に加え、グループ会社からの多様なネットワークサービスのニーズに応えられる体制を整える。設立時は、バンダイナムコエンターテインメントのネットワークコンテンツ事業の運営業務の受託が中心で、順次グループに展開するという。