山田天満宮・金(こがね)神社【愛知県】

こちらは寛文12年(1672)、尾張藩の二代藩主、徳川光友が太宰府天満宮から菅原道真公の神霊を招いたことが起源。名古屋城の北東に位置し、陰陽道でいえば邪悪な鬼が出入りするとして嫌われた「鬼門」にあたります。「山田天満宮」はそこに八方災難除けの守護神として置かれ、災厄を食い止めるという使命もありました。境内には銭洗いで知られる「金神社」、よりそい石のある「護国神社」なども合祀されています。

「恋の三社めぐり」のスタンプは、プリクラ集め感覚の御朱印帳


「山田天満宮」は、中区錦の「桜天神社」と千種区谷口の「上野天満宮」とともに並び称される名古屋三大天神のひとつです。合祀されている金(こがね)神社は、延享3年(1746)に創建。以前は山田町4丁目にありましたが、昭和58年(1983)にこちらに合祀されました。銭洗いで知られ、金運招福・商売繁盛の御利益があります。 同じく、境内地内にある「御嶽神社」にお祀りされる大己貴命(おおなむちのみこと)は悪縁を絶ち、良縁に導く神様。過去のしがらみとはスッパリ縁を絶って新たな良縁にというご利益が期待できます。 この護国神社に置かれているのが、高牟神社の「古井の水」、城山八幡宮の「連理木」とともに「恋の三社めぐり」として参拝の対象となる「よりそい石」です。 「恋の三社めぐり」のやり方は簡単。まず、各神社のいずれかでスタンプ台紙を入手し、お参りの証に100円のスタンプを押してもらう。3カ所全部押してもらったら、次に添付の用紙に願いごとを書く。それを三社のいずれかに持参して記念品と「恋愛運上昇」の印をもらうという仕組み。 願い文は神前に奉納されるので、書いた内容はちゃんと神様に届けられるというわけです。恋愛でお悩みの方、いいパートナーが欲しいなと思っている方、こちらを参拝してみてはいかが?