LINEで繋がったものの、その後トラブルになった人やスタンプ欲しさに繋がった公式アカウントなどで、ブロックした友だちはどこにいったのかご存じですか? 実はブロックリストに残されているのです。もう連絡を取らない友だちを非表示にした場合、それも非表示リストに残っています。もやもやするアカウントを残していても仕方ありません。この際、LINEの友だちをスッキリ整理しましょう。

ブロックした友だちを削除する

LINEでブロックした友だちをリストから削除しましょう。LINEの「友だち」画面から「設定」の「友だち」を開き、「ブロックリスト」を表示します。すると今までブロックした友だちが一覧表示されます。削除したい友だちの「編集」をタップし、「削除」を選べば、削除完了です。

リストから削除しても、相手のLINEの友だち一覧から自分のアカウントが消えることはなく、削除しても相手に伝わることはありません。

  • LINE

    設定の「友だち」を開き、「ブロックリスト」を選択

  • LINE

    今までブロックした友だちが一覧表示されます。削除したい友だちの「編集」をタップし、削除しましょう

  • LINE

    削除が完了し、ブロックリストが空欄になりました

非表示にした友だちを削除する

友だちが増えすぎて「友だち」画面に表示したくない場合、非表示は便利ですよね。非表示リストから削除しても相手に伝わることはなく、メッセージも今まで通りやりとりできます。

非表示にした友だちをリストから削除するには、「設定」の「友だち」から「非表示リスト」を開きます。今まで非表示にした友だちが一覧表示されるので、削除したい友だちの「編集」をタップし、「削除」します。残念ながら、非表示にしたLINEの公式アカウントは削除できません。

  • LINE

    設定の「友だち」を開き、「非表示リスト」を選択

  • LINE

    今まで非表示にした友だちが一覧表示されます。削除したいアカウントの右側にある「編集」から「削除」します

  • LINE

    非表示リストから、選択したアカウントが削除されました