「第11回ベストマザー賞2018」の授賞式に出席した安倍なつみさん

 元モーニング娘。の安倍なつみさんが10日、母親たちの憧れや目標となる人を表彰する「第11回ベストマザー賞2018」の音楽部門に選ばれ、東京都内で行われた授賞式に出席。1歳になる第1子男児の母である安倍さんは、2人目の予定を聞かれると「実は、なんですけれど、気づかれた方も多いかなと思うんですが、今、おなかにいまして。第2子を授かりました」と笑顔で報告した。

 安倍さんは「安定期に入りました。出産予定は今年の秋ごろになると思います」といい、「とても喜んでくれました。(夫と息子の)3人で、喜びを分かち合いました。『きょうだいができるね』と息子に伝えました。家族が増える喜びをみんなで分かち合いました」と、妊娠が分かった瞬間の喜びを明かした。夫で俳優の山崎育三郎さんは「歌い出しそうなくらい喜んでくれました」と笑顔だった。性別はまだ分からないという。

 同賞は、日本マザーズ協会が2008年から毎年選出しており、今回で11回目。安倍さんのほか、芸能部門で1児の母であるお笑いトリオ「森三中」の大島美幸さん、スポーツ部門で1児の母である元プロテニス選手でスポーツコメンテーターの杉山愛さん、文化部門で3児の母で平野レミさんを義理の母に持つ食育インストラクターの和田明日香さん、経済部門で2児の母であるキッズライン社長の経沢香保子さんが受賞し、授賞式に出席した。