世界の山ちゃん本店【愛知県】

「“世界の”山ちゃん」は、多分名古屋流のギャグでしょ? でも実際に「世界の山ちゃんで幻の手羽先」を味わうと、ちょっと「ナルホドな」となる美味しさ。最初は小さな1軒の居酒屋が「いつかは世界に」という思いからだったのでしょうか。普通「世界の」は無国籍料理を表す場合もありますが、ここは逆にコテコテの名古屋メニュー。「世界(にもアピールするくらい美味しさが独特)の山ちゃん」ということなのかも。

「せっかくの名古屋、やっぱり名古屋っぽいものを食べたい」という方には、名古屋メシ凝縮のこの店で


名古屋らしい味を求めるなら、お店自体が「名古屋らしい」雰囲気で、メニューの内容もこれぞ「名古屋めし」というようなところがいいでしょう。 試みに、名古屋に住む人に「名古屋めし」とは? と聞くと、「赤味噌」「どて」「天むす」「きしめん」「海老フライ」、それとやっぱり「手羽先」を挙げる人が多いようですが、山ちゃんは、手羽先以外にもそれら「名古屋めし」をちゃんと網羅しています。なので、名古屋ならではのものを味わいたいという人には「世界のやまちゃん」をおススメしてまず間違いないでしょう。 「世界のやまちゃん」はチェーン店化され、全国に数え切れないほどお店がありますが、ここに紹介するのはその本店。といっても、特に差別化されているわけでなく、ほかのお店と変わりませんが、名古屋に来たなら発祥である本店を目指すというのも一興です。 ところで、手羽先は手がベトベトになり、ちょっと食べ方がめんどくさい。お箸の袋には手羽先の上手な食べ方指南が書いてあり、店をよく訪れる人は器用に食べていますが、「世界の山ちゃん」初心者はどうも気取って食べるきらいがあるようで…。でも、そんなことをしているうちに、山と積まれた手羽先は見る間になくなってしまいます。ここはやはり舌の欲求のおもむくまま、手がベトベトになるのなんか気にせず勢いにまかせて豪快にいきましょう。ビールといっしょに、ね。