グラビアアイドルの二宮さくらが22日、東京・秋葉原のソフマップで最新イメージDVD『めろめろ~ん』(発売中 4,298円税込 発売元:エアーコントロール)の発売記念イベントを行った。

DVD『めろめろ~ん』の発売記念イベントを行った二宮さくら

グラビアデビューを飾った2016年以降、コンスタントにDVDをリリースしている二宮さくら。2017年には光文社主催「FLASH presents 写真集争奪オーディション」で3位を獲得、同年発表された「ミス東スポ2018」では準グランプリに耀くなど、注目度も右肩上がりだ。通算7枚目となる同DVDは、昨年11月に都内で撮影。女子高生に扮した二宮が随所でIカップバストを強調するなど、バストフェチにはたまらない1枚となっている。

DVDの内容を報道陣から問われた二宮だが、「DVDをもらったんですけど、接続の仕方が分からなくて見られなかったんです……」と苦笑いだったが、DVDのパッケージを見ながら「制服を着たりお風呂のシーンがあったと思います。お風呂では泡でプルプルしながら洗ったりしました。カメラが曇らないように窓を開けて撮影していたので、めちゃくちゃ寒かったのを今思い出しました(笑)」とコメント。学生時代にも着用しなかったというブルマを今回は着用しているが、「こういうのを好きな人もいるんですね(笑)。はいた印象としては、パンツみたいでした」と振り返り、「おっぱいだったら外で走っているシーンが見どころですよ。上下左右に揺れまくっています(笑)」とバストをアピールしていた。

その迫力あるバストは「お母さんとお婆ちゃんは小さいんです」と遺伝ではないようで「特に何かをしたわけではありません。どうしてなんですかね?」と大きくなった理由ははっきりしないという。「中学卒業時にFカップあり、それからワンカップずつ大きくなっていきました。バレーボールの時にレシーブしようとしたらボールがおっぱいに挟まったこともありましたね)」と学生時代のエピソードを明かしつつ、「地元の福島から上京してから、声をかけられるようになりました。それが良かった点ですね」とプライベートでも男性の視線を集めているようだった。