ヤクルトに勝利して7連勝とし、タッチを交わす巨人ナイン=東京ドーム(C)KYODO NEWS IMAGES

 巨人がヤクルトに11—8で勝利し、連勝を7に伸ばした。

 打線は2点を追う7回、一死走者なしから安打、相手失策、四球で満塁のチャンスを作ると、代打・阿部慎之助が今季初安打となる2点適時打で同点に追いつく。

 なお二死二、三塁と好機は続き、亀井善行が2点適時二塁打で逆転に成功。さらに坂本勇人、ゲレーロにも適時打が飛び出し、この回一挙6点を挙げた。

 4点リードの9回に守護神・カミネロが1点を失ったが、なんとか逃げ切った。

 高橋由伸監督は「色々あって最後まで思い出しきれたか分からないですけど、よく引っくり返したなというのが一番だと思います」と興奮気味。7連勝には「ひとつでもとは思いますけど、今日は終わったことなので、また明日、勝てるように頑張りたいと思います」と気を引き締めた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)