AIさん(@pkmnai)

「ニコニコ動画」のコンテンツを地上に再現するニコニコ最大のイベント「ニコニコ超会議2018」が4月28日、千葉県・幕張メッセで開幕。アニメ、ゲーム、漫画にとどまらず、将棋や歌舞伎、料理、鉄道、航空など、さまざまなジャンルのブースのほかに、会場にはコスプレブースも設けられ、初日から多くのコスプレイヤーでにぎわっていた。

グラビア界からも注目される存在となっているコスプレイヤー。人気レイヤーともなると、いまや雑誌の表紙で見かけることも珍しくなくなっている。そこで今回は、アイドル担当編集が現場取材を敢行。会場で気になったコスプレイヤーさんの姿を写真に収めた。

「すーぱーそに子」のコスプレで、撮影の"囲み"ができていたのはAIさん。ちなみに、通常は"列"に並んで順番に撮影するのがルールなのだが、人気であまりに列が長くなる場合、レイヤーさんの負担や、列がほかの方の邪魔になる可能性を考慮し、"囲み"で複数のカメラマンが一斉に撮影を行う。さらに人気があると"囲み"に列ができ、さながら"壁"のようになることも。

"囲み"が途切れることなく撮影が行われていたことでも人気の高さを示すAIさんだが、抜群のスタイルに慣れたポージング、グッと雰囲気の変わる表情のつけ方など、確かに多くのカメラマンが集まるのにも納得がいった。人気キャラクターであり、さまざまなポージングでイラスト化、立体化されているため、いわゆる"決めポーズ"がないように思える「すーぱーそに子」だけに、引き出しの多いAIさんと相性がよいように思えた。