連続ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」第3話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の菜々緒さん主演の連続ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」(日本テレビ系、土曜午後10時放送)第3話が28日、放送される。新入社員の斉藤博史(佐藤勝利さん)は、「損害サービス部」からリストラ候補を選ぶが、「働き方改革」に絡む難題に直面する……という展開。

 第3話は、椿眞子(菜々緒さん)の部下の博史は、顧客のクレームなどに対応する「損害サービス部」で“研修”し、リストラ候補を選ぶことになる。快活な部長の尾上(おかやまはじめさん)や、課長の簑島(金子貴俊さん)、若手社員・吉田(前田公輝さん)らが候補として浮上する。

 「損害サービス部」では、人事部長の伊東千紘(木村佳乃さん)らが推進する「働き方改革」をかさに着た吉田が好き勝手に振る舞い、簑島は苦しんでいた。博史は「モンスター社員」の吉田をリストラ候補にするが、眞子はこれを却下し、簑島に残業などの現状を詰問する。千紘は眞子に反発するが、「働き方改革」の進め方について眞子から痛いところを突かれ……というストーリー。

 ドラマは、大手損害保険会社「共亜火災」で人事コンサルタントとして勤務する椿眞子が主人公。眞子は、米国で仕事をしていた時代は会社に必要ない人間は容赦なくクビにし、「Missデビル」の異名で恐れられていた。眞子は会社で発生するセクハラ、パワハラ、派閥争い、モンスター社員といった問題を、悪魔のような大胆な方法で解決していく……。