高台寺

高台寺【京都府】

東山といえば、鴨川と東山の雄大な自然に囲まれた市街地に寺院や寺社などが多くあり、国宝や重要文化財の密度が日本一高いエリア。高台寺はこの地にあり、慶長11年(1606)に豊臣秀吉の正室である「ねね」が秀吉の菩提を弔うために建設した、いうなれば愛の寺院。ねねと秀吉の歴史を感じることができるのはもちろん、京都を代表する庭園など見どころも満載。

高台寺を訪れてみると、このお寺にねねの優しさを感じるかもしれない

北の政所「ねね」は、その名を歴史に残す秀吉の正室。秀吉とねねは、戦国の世にはかなり珍しかった恋愛によって結ばれた夫婦だったそうです。そのねねが。秀吉の菩提を弔うために建立したのが高台寺。いわば、秀吉に対するねねの思いが込められたお寺といえるでしょう。 高台寺建立に当たっては、家康がかなりの金銭的援助をしたそう。そのため随所に豪華絢爛なつくりがあって、見どころを紹介するときりがないほど。その中でもいくつか挙げるならば、まず庭園。ここは国の名勝にも指定されている池泉回遊式で、石組みが見事。また、重要文化財である秀吉とねねを祀る霊屋(おたまや)の、漆工美術の粋を集めた絢爛な蒔絵は必見です。 一方、遺芳庵や湖月庵といった茶室は、きらびやかとは真逆の趣のある茶室。侘びた静寂の中に、日本ならではの美が感じられます。高台寺は、まさに日本の美意識の集大成といっても過言ではありません。 ここはさらに紅葉の名所でもあり、秋に訪れれば真っ赤に色づいた素晴らしい光景が見られます。時期によっては夜間ライトアップされ、それはもう幻想的。ぜひ、そんなタイミングで訪れたいものですね。