Makoto

テレビアニメ「イングレス」のメインキャラクター、Makoto(マコト)、Sarah(サラ)、Jack(ジャック)の姿がお目見えした。

これは本日4月7日に福岡市内で開催された「Ingress」のユーザーイベント「Mission Day Fukuoka」「XM Festival Fukuoka」にて発表されたもの。3人はAR(拡張現実)技術によりステージに登壇し、舞台挨拶を行った。キャラクター原案は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの総作画監督などで知られる本田雄が務めている。

フジテレビの新アニメ枠「+Ultra(プラスウルトラ)」の第1弾作品として10月より放送開始する「イングレス」。「Pokemon GO」で知られるナイアンティックが開発・運営を行っている、拡張現実技術を用いたスマートフォン向けオンラインゲーム「Ingress」を原作とした物語で、人間の精神に干渉する未知の物質「エキゾチック・マター(XM)」を巡る戦いを描く。

川島優志(Niantic, Inc. アジア統括本部長)コメント

Nianticクリエイティブチーム一同、本当に興奮しています。世界を魔法のような力で見せてくれるアニメの力で、冒険はアニメでもゲームでも展開していくことになるでしょう。
このアニメがエキゾチックマターの秘密を伝え、Ingressの持つ人生を変える力を全く新しい人々へ届けることを心から願っています。

櫻木優平(監督)コメント

この度は監督を務めさせていただき、大変光栄です。
自分自身Ingressをプレイし、リアルワールドと繋がった面白さを実感しました。
どういったアニメにすれば、イングレスを知っている皆さまや、またこれから知る皆さまに、
心から楽しんでいただけるか考えながら制作を進めております。
何卒お付き合いの程、よろしくお願い申し上げます。

石井朋彦(プロデューサー)コメント

「あなたの周りの世界は、見たままのものとは限らない」
位置情報ゲームの金字塔であるIngressのアニメ化を担当させて頂き、日々、世界が全く違って見えることに驚き、感動しています。
オリジナルキャラクターとストーリーでお届けする、現実とアニメが同時に進行する新たなエンターテインメントを、楽しみにお待ち頂ければ幸いです。

テレビアニメ「イングレス」

放送情報

2018年10月よりフジテレビ「+Ultra」枠にて放送

スタッフ

原作:Niantic, Inc.
監督:櫻木優平
キャラクター原案:本田雄
制作:クラフター

(c)『イングレス』製作委員会