小田和正

4月に放送25年目を迎える朝の情報番組『めざましテレビ』(フジテレビ系、毎週月~金5:25)の新テーマソングが、小田和正が書き下ろした新曲「会いに行く」に決定した。

小田が同番組のテーマソングを担当するのは、2008年の番組15周年の際に制作した「今日も どこかで」以来10年ぶり、今回で2回目となる。以降、番組発の映画『ロック~わんこの島』(2011年)の主題歌「hello hello」の楽曲提供や、2013年に日本武道館で開催された『めざましテレビ』20周年記念ライブへの出演など、節目の年にはさまざまなコラボレーションを実現させてきた。

この新テーマソングは、毎朝『めざましテレビ』で放送され、5月4日にグランメッセ熊本よりスタートする、小田の全国アリーナ古希ツアー「KAZUMASA ODA TOUR2018」でも披露される予定だ。

また、『めざましテレビ』は4月2日(月)から放送時間を拡大し、4時55分から8時までの放送に。「ニッポンをつなぐ」をコンセプトに様々な企画を準備するなど、新テーマソングと共に毎日の放送を充実させ、ますますパワーアップしていく。

三宅正治アナウンサーは「僕自身はまだ7年目ですが、これまで多くのスタッフ、出演者が入れ替わりながら『めざましテレビ』という素晴らしき集合体を作り上げてきたことに感慨を覚えます。三宅、軽部の初老コンビ(笑)以外はかなり若返りますが、また新たな魅力を生み出してくれると信じています。そしてこのタイミングで、僕の尊敬する小田さんがテーマソングを作ってくださるということ。心の底から感激しています! 新しい『めざましテレビ』をよろしくお願いします!」とあいさつ。

永島優美アナウンサーも「25周年を迎えるこの年に番組に携わらせていただいていることに感謝の気持ちでいっぱいです。1人でも多くの方に朝からホッと出来る時間を過ごしてもらえますよう、これからも1日1日、毎朝の放送を大切にしたいです。そして記念すべき25周年を小田さんの歌で彩っていただけることに胸が高鳴っております。小田さんの澄み渡る声はいつも前向きな気持ちにしてくださります。小田さんの歌と共にあたたかい気持ちで1日のスタートが切れますよう、心を込めて毎朝をお届けしてまいります」とコメントしている。

渡邊貴チーフプロデューサーは「『めざましテレビ』は、これまで小田さんに事あるごとにラブコールを送り続けてきました。番組15周年イヤーのテーマソングや、映画の主題歌も作っていただきましたが、番組開始25年というメモリアルなタイミングで再びご一緒させていただけることに感動しています。今回のテーマソングを初めて聞いた時、自然と涙がこぼれました。美しい声、温かいメロディと共に、番組が大切にしたいテーマがその言葉の端々に詰まっていました。朝、起きた視聴者が、徐々に楽しく明るくなって出かけて行きたくなる、見た人、聞いた人が幸せな気分になれる、そんな普遍的なテーマソングが完成しました。25年目を迎えた『めざましテレビ』は今年、日本を元気にするお手伝いを全力でやっていきたいと思っています。“会いに行く”の名の通り、番組を飛び出し全国の皆さまに会いに行きます」とメッセージを寄せている。