CM映像のワンシーン

TBS系で生放送されているニュース番組『Nスタ』(毎週月~金15:49~19:00)が、この春でリニューアル1年を迎える。現在、メインキャスターの井上貴博TBSアナウンサー、キャスターのホラン千秋と国山ハセンTBSアナウンサーが出演する特別CMが、テレビ地上波やインターネット上で公開されている。

同番組は、「トクするNEWS!Nスタ」をキャッチコピーに、国会論戦から街の騒動まで「今の関心事」に徹底的にこだわり、新鮮かつ情報満載で“トクする”ニュースを届けている。今回公開されるのは、「知りたい、はスタートだ。」と題された15秒のCM。子どもたちが投げかける素朴な疑問をイメージしながら「これまで以上にわかりやすい番組作りをしたい、そして、親子で一緒に観てもらいたい……」という思いを込めて作られた。後半には、3人が本番に挑む表情が紹介されている。

この動画はテレビ地上波のほか、番組公式Twitter、Instagram などインターネット上でも視聴可能。さらに、3月22日(木)から3月25日(日)までは、京王線新宿駅構内でも展開される。

井上アナは「リニューアルから早1年。まだまだ産声を上げたばかりの番組です。今まで作り上げてきたものを大切にしながらも、変化を恐れない。これからも、より良く変化していけるよう出演者・スタッフ一丸となって試行錯誤を続けます」とリニューアル1年を迎えての意気込みをコメント。CMについては「知りたいことを皆さんと一緒に考えたい。夕方の時間帯のお供に。そんな想いも込めてCM撮影をしました。今後ともよろしくお願い致します」と語る。

そして、ホランは「この1年を振り返ると、世の中も番組も大きく変化しました。世界が移り行く瞬間を今年も視聴者の皆さまと一緒に見届けることができ、光栄です。この1年で培ったチームワークの良さが少しでもCMから伝わればと思っています!」と、国山アナは「『Nスタ』2年目を迎えるにあたり、私自身が“知りたい、はスタートだ。”という気持ちで挑みます。CM撮影では日々の番組に臨む表情が出ています。2年目の『Nスタ』、どうぞよろしくお願い致します」と元気にアピールしている。

制作プロデューサーの谷上栄一は「おかげさまで、今年2月には目標としていた月平均視聴率8%超えを達成しました(2016年2月平均視聴率8.2% ※第2部 17時50分~19時)。また、今年3月11日に放送した東日本大震災7年特別番組では、井上、ホラン両キャスターが宮城・南三陸町から中継を行い、番組スタートからの念願だった全面中継にも挑戦しました。結果、午後に放送された震災特番の中で、視聴率がトップでした。『Nスタ』はこの1年間のさまざまな経験を活かし、視聴者の信頼を得られるよう、よりパワーアップして春からの2年目を迎えたいと思います」と改めて意気込みを語っている。

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区)