「『モンスターハンター:ワールド』原宿マルチプレイスポット」のオープニングイベントに登場した後藤真希さん

 元モーニング娘。の後藤真希さんが20日、ユーハイム原宿ビル(東京都渋谷区)で開かれた「『モンスターハンター:ワールド』原宿マルチプレイスポット」のオープニングイベントに登場。2児の母親でもあり、「モンスターハンター」シリーズの熱心なファンでも知られる後藤さんは、今年1月末にリリースされた最新作「ワールド」のプレー時間について「まあ、数百、400~500時間。ゲームをつけているだけでプレー時間になっちゃうので……」と変わらぬマニアぶりを明かして、関係者を驚かせていた。

 イベントには、「ワールド」のリリースから約2カ月ですでにゲームのエンディングまでプレーしているお笑いコンビ「バイきんぐ」の西村瑞樹さん、カプコンの辻本良三プロデューサーも参加し、協力して同ゲームのモンスター「ネルギガンテ」に挑戦した。武器に「太刀」を選んだ後藤さんは、冷静に敵の懐に飛び込み果敢に攻撃して危なげなく倒した。後藤さんは「マルチプレーは楽しいですね」と振り返りながら「やりがいがあるゲーム。子育てしつつなのですが、合間をみて遊べたらなと思います」とアピールした。

 「モンスターハンター:ワールド」は、カプコンの人気アクションゲーム「モンスターハンター」シリーズの最新作で、プレーヤー同士が協力して巨大なモンスターを狩猟する……という内容。世界で750万本を出荷している。「原宿マルチプレイスポット」では20日~4月1日、「モンスターハンター:ワールド」を体験できる。ゲームの未経験者にアピールする狙い。